野球のぼせもんBACK NUMBER

99試合ぶりの「7番・松田宣浩」。
ホークスに戻ってきた理想形打線。

posted2019/08/17 08:30

 
99試合ぶりの「7番・松田宣浩」。ホークスに戻ってきた理想形打線。<Number Web> photograph by KYODO

8月10日の日本ハム戦、福田秀平(左)とともに勝ち越しの生還を果たした松田。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

KYODO

「ん~、そこまでの意識はないですね。まだこの先にヤマがあると思います」

 真夏の天王山になるのではないか。過熱を煽る質問を遮るように、工藤公康監督が静かに口を開いたのは8月10日、ファイターズ3連戦初戦の試合前のことだった。

 その時点で首位ホークスと2位ファイターズのゲーム差は「3.5」だった。7月27日と31日の2度、両球団の差は「0.5」差まで超接近したことがあった。そこからホークスがまた引き離しにかかっていたのだが、仮にこのカードでファイターズが全勝すれば、再び“熱パ襲来”する状況にあったのだ。

 工藤監督以外のホークスの選手たちに話を振っても「天王山」への反応はイマイチだったが、否、この3試合は今季のペナントの行方を左右する、勝負どころとなる直接対決だったに違いない。

「いつもと変わりません。3連戦は勝ち越す、それだけを考えて臨みますよ」

主力級が続々と一軍に帰ってきた。

 鷹のボスは2勝1敗でも十分と考えていた。だが、結果的に選手たちは期待を上回る成果を残してみせたのだ。

 周知のとおり、ホークスが3連勝したのである。

 強かった。迫力が違った。

 それもそのはずだ。ホークスはこのファイターズ戦から主力級が続々と一軍に帰ってきた。打線の重量感が一気に増した。

 10日のスタメンは以下のとおりだ。

(二)明石 (遊)今宮 (一)内川 (指)デスパイネ (左)グラシアル (右)中村晃 (三)松田宣 (中)福田 (捕)甲斐

【次ページ】 中村晃に誰よりも大きな歓声が。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松田宣浩
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ