スポーツ百珍BACK NUMBER

愛すべき貴公子トーレスの名ゴール。
イニエスタ、ビジャとラストダンス。

posted2019/08/21 11:30

 
愛すべき貴公子トーレスの名ゴール。イニエスタ、ビジャとラストダンス。<Number Web> photograph by Getty Images

現役引退を決めたトーレスの最終試合はイニエスタとビジャがいる神戸との一戦だ。

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

Getty Images

 フェルナンド・トーレスほど「記憶に残る」タイプの点取り屋は、そうそういないと思う。

 金髪の長髪で、そばかすもキュートに感じるイケメンぶり。その俊足で相手最終ライン裏に抜け出し、ジェラードやシャビ・アロンソのパス1発からゴールを仕留める。そんな鮮烈さの一方で、ゴールの女神から見放され、哀愁を漂わせる時期もあった。

 点を獲ればヒーロー、獲れなければ戦犯扱い。ストライカーの宿命を、これほどまでに体現したワールドクラスもいないのではないか。

 そんなトーレスが今シーズン途中での引退を決断した。

トーレスが愛された理由。

 Jリーグを戦いの場に選んだのは2018年夏のこと。サガン鳥栖ではケガの影響などもあって2018シーズンはリーグ戦17試合3ゴール、2019シーズンは16試合2ゴール。本人も引退会見で「自分のベストなレベルに達していないのではないか」と話しており、35歳での幕引きを決断したのだろう。

 それでも「ベストなレベル」のトーレスは本当に凄かった。

 実績を見てもスペイン代表通算38得点は歴代3位。リーガとプレミアという世界最高峰リーグで2ケタ得点をコンスタントに獲っていたのだから、超一流のストライカーだったのは間違いない。

 でもトーレスが多くのサッカーファンに愛されたのは、ゴール数以上に「そんな体勢で叩き込めるの?」「このタイミングで決めちゃうの!?」といった感じで、やたらインパクトに残るゴラッソが多かったからだと思う。

 引退が迫るこのタイミングで、アトレティコ・マドリーやスペイン代表、リバプール、チェルシーで決めたスーパーゴールをいくつか思い出してみよう。

【次ページ】 カシージャスの牙城を破ったゴール。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フェルナンド・トーレス
サガン鳥栖
アトレティコ・マドリー
リバプール
チェルシー

Jリーグの前後のコラム

ページトップ