フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

光源氏役で氷上でのラブシーンも。
表現者・高橋大輔が見せた新領域。
 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2019/08/11 11:40

光源氏役で氷上でのラブシーンも。表現者・高橋大輔が見せた新領域。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

初日公演後「残りの公演も精一杯魅力を伝え、この勢いを持ってシーズンを迎えられたら」と今後についてコメントした高橋。

舞台のアクセントとなった織田信成。

「息子の幸せを想い、少しでも良い未来を用意したいという母の願いが、歪んだ形になってしまう哀しさには、現代を生きる私たちにも共感できる部分があります」
 
 と荒川。自身も昨年に第二子となる長男を出産したばかり。母である今の荒川にしか表現できない領域でもあり、単なる悪役のトップというだけでなく、その裏にある苦しみが伝わる名演技となった。

 また、舞台のアクセントとなったのは、織田信成が演じる陰陽師。織田にとっては「スケート人生を通じて初めて演じる悪役」とのことだったが、やはり織田らしく、怪しい奇妙な演技で、呪術のまか不思議な世界へと観客を引きずりこんだ。

「曲線的でヘビのような妖しさをはらんだ動きをイメージした」といい、試合ともアイスショーとも違う、これまでに見せたことのない、重力を感じさせない不思議なステップを披露。短い時間の出演だが、誰よりもインパクトの強い役となった。

平原綾香は「究極のチャレンジ」と語る。

 源氏が愛する2人の女性も、それぞれ雅な世界を創り出した。

 平原綾香は、源氏が想いを寄せる藤壺を好演。歌手として知られる平原だが、近年は『メリー・ポピンズ』や『ラブ・ネバー・ダイ』などミュージカル女優として活躍の場を広げている。今回は、オファーを受けてから毎日のようにスケート場に通ったといい、役者としての意地を見せた。

「俳優や歌手がスケート靴をはいて挑戦する舞台なんて聞いたことがありません。究極のチャレンジ」と平原。
 
 舞台では、源氏との結ばれない恋に身を焦がす藤壺を熱演。源氏とのラブシーンの後には、「一夜の儚い恋は消えゆく。忘れて下さい。これが夢でも幸せでした」と、伸びやかな歌声で会場を包んだ。

【次ページ】 リプニツカヤはシャイな性格だが……。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
高橋大輔

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ