スポーツ百珍BACK NUMBER

神戸とバルサが「ファミリー」化。
試合より気になった結束の内容とは。

posted2019/07/30 20:00

 
神戸とバルサが「ファミリー」化。試合より気になった結束の内容とは。<Number Web> photograph by AFLO

ブスケッツ(左)ら旧友との久しぶりの再会となったイニエスタ。プレーだけでなく、バルセロナとの橋渡し的な存在として担う役割は大きい。

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

AFLO

 最近、巷でよく聞く「ファミリー」がサッカー界に生まれた。もちろん、いい意味で。

 7月27日に親善試合を行った、ヴィッセル神戸とバルセロナである。

 イニエスタが際どいミドルを放ち、ラキティッチの突破をサンペールがスライディングで防ぐ。ビジャがブスケッツの脇のスペースを狙って動き出すなど、まるでバルサの紅白戦を見ているようだった。

 試合は後半、トップチーム定着を狙うカルレス・ペレスの2ゴールでバルサが2-0で勝利した。

 ただ、この日は試合内容以上に、両クラブの強い結びつきが印象に残る1日となった。

4人目のバルサ経験者が入団。

 まず、昨季までバルサに所属したベルメーレンの神戸加入が決定したこと。これまでのキャリアでケガが多いのは気になるが、センターバックからの組み立てに課題を残す神戸にとって、勝負を懸けた補強と言えるだろう。

「チームにとって重要な加入になると考えています。(ヨーロッパの)夏の移籍ウインドーが開いて補強が必要と動いたのでしょうし、彼はディフェンス面で安定をもたらしてくれると思っています」

 イニエスタもベルメーレンにこう期待を寄せている。そんなイニエスタを皮切りに、この1年2カ月で4人のバルサ経験者が神戸に加わったことになる。

「アンドレス(・イニエスタ)、ビジャ、サンペールと一緒に仕事ができ、私もその中に入れる」

「バルサで何年か仕事をしていたが、バルサで経験したことをここに持ってきてほしいとオーナーに言っていただきました。私は学んだことをここで発揮していくつもりです」

 ベルメーレンはそう語っていた。

【次ページ】 発表した4つの強化ポイント。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

バルセロナ
ヴィッセル神戸

Jリーグの前後のコラム

ページトップ