スポーツ百珍BACK NUMBER

神戸とバルサが「ファミリー」化。
試合より気になった結束の内容とは。 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/07/30 20:00

神戸とバルサが「ファミリー」化。試合より気になった結束の内容とは。<Number Web> photograph by AFLO

ブスケッツ(左)ら旧友との久しぶりの再会となったイニエスタ。プレーだけでなく、バルセロナとの橋渡し的な存在として担う役割は大きい。

アジアのベストパートナーに。

 また「兄弟チーム」という表現とともに、気になったバルトメウ会長のコメントがあった。

「単に日本に限っているわけではなく、他の国も視野において、日本の周辺にもサッカーが盛んな国はありますので、そういった市場についてもスカウティング活動をしていければと思います」

 極端に言えば、バルサは神戸を“ハブ空港”的な存在としても見ているのだろう。

 神戸との関係、そして安部裕葵を獲得するなど、バルサが日本の市場を最重要視しているのは間違いない。ただ同時に、日本周辺のサッカーが盛んな国、つまり中国や東南アジアなどにも視線が向いているはずだ。

 アジアでのさらなる拡大を狙う“バルサ兄さん”。ただ楽天、そしてヴィッセルにしてみれば、アジアでのベストパートナーの座は譲れないはず。偉大な兄に肩を並べる……のは遠い未来かもしれないが、まずは1つずつ結果を出して、存在感を出していくほかない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

バルセロナ
ヴィッセル神戸

Jリーグの前後のコラム

ページトップ