スポーツ百珍BACK NUMBER

神戸とバルサが「ファミリー」化。
試合より気になった結束の内容とは。 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/07/30 20:00

神戸とバルサが「ファミリー」化。試合より気になった結束の内容とは。<Number Web> photograph by AFLO

ブスケッツ(左)ら旧友との久しぶりの再会となったイニエスタ。プレーだけでなく、バルセロナとの橋渡し的な存在として担う役割は大きい。

発表した4つの強化ポイント。

 同じタイミングで発表されたのが、両クラブ間の連携。楽天とバルセロナと言えば、胸スポンサーなどのメーングローバルスポンサー契約を結んでいる。その中にあって、バルサのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長の言葉を借りると、スポーツ面においてバルサとヴィッセルは「兄弟チーム」、つまりファミリーになったのだ。

 神戸の三木谷浩史会長とバルトメウ会長が出席した会見によると、ここから1年間、以下の4つで関係強化を図るのだという。

(1)クラブ間における人材交流

(2)両クラブのアカデミー選手の相互派遣

(3)スカウティングノウハウの共有、スカウティングデータベースへの相互アクセス

(4)クラブのブランディングを向上するための相互パートナーシップ

将来的には神戸からバルサに?

 4つ挙げられたうち、(1)は「バルサから神戸へ」の移籍が数多く起きている。

 バルトメウ会長は「神戸の選手がバルサに、バルサの選手が神戸に来たりして人材交流も行われるでしょうし、神戸へ来た選手がいつかまたバルセロナでプレーすることがあるかもしれない」と話している。

 なお、この連携はスペインでも注目されているようだ。

 試合当日の『マルカ』紙電子版「バルサが日本で得たポジティブな物事」という記事では、新加入のフレンキー・デヨングやバルサB上がりの選手の活躍とともに、「ヴィッセル神戸との提携:選手と指導者の交流と情報交換で利益を得られる」とかなりポジティブな評価だった。

 そしてバルサが“本気”で関係性を構築しているんだなと思わせることが試合前にあった。

 ベルメーレンの加入会見が始まるまで時間があったので、ノエビアスタジアム神戸周辺を歩いてみた。

【次ページ】 特設ブースにあったのは……。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

バルセロナ
ヴィッセル神戸

Jリーグの前後のコラム

ページトップ