格闘技PRESSBACK NUMBER

村田諒太を支える「親父と息子」。
居場所はボクシング、逃げ場は……。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTsutomu Takasu

posted2019/07/31 11:30

村田諒太を支える「親父と息子」。居場所はボクシング、逃げ場は……。<Number Web> photograph by Tsutomu Takasu

ロブ・ブラントにリベンジを果たした直後こそ感情を高ぶらせていたが、試合後の取材では落ち着きを取り戻していた。

「息子との約束は果たします」

 今回初めて息子を試合に招待することを聞いたのは5月のことだった。

「息子に初めて見せる試合になると思います。息子にはいいところを見せないといけない。パパどうなの? って聞かれて『絶対勝つよ』と言うとニコニコするんです。だから息子との約束は果たします。何があっても。大丈夫です」

 サラッと言った。

 毎回のように訪れる苦しみも迷いも乗り越え、自然の摂理に身を委ねているような落ち着き払った彼がいた。試合までその印象は、ずっと変わらなかった。

 1つひとつを振り返ってみれば、筆者の心に引っ掛かっていたものはスーッと消えていった。

 父から受け継ぎ、今を懸命に生き、その姿を息子に示す。

 居場所も逃げ場も背負ってリングに向かい、歩んできた「軌跡」そのものをブラントにぶつけた。ストーリーに区切りはない。区切る必要もない。

 だからこそ父のように、あの瀬戸内海のように、穏やかな気持ちに立ち戻ることができるのだ、と。

 Numberのインタビューの後、降っていた雨が止んだ。明るくなる曇天を見上げて、生傷の残る表情を崩した。

「雨が止んだら、息子の野球があるんですよ。ちょっと行ってきます」

 ボクシングと、家族と。家族は最高の逃げ場であるとともに、本当の居場所。

 人生からの1つの問いに、村田諒太は応えた。戻ってきたベルトが、その答えであったような気がしている。

高校野球が教えてくれた。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 983

高校野球が教えてくれた。

夏の高校野球特集、第1弾!

【スペシャル2大インタビュー】 大谷翔平&菊池雄星「僕らが花巻東で学んだこと」
【我らの「大阪桐蔭」論】 根尾昂/中田翔/西岡剛
【最強高校の遺伝子】 横浜高校/広陵高校/PL学園
【最多勝&本塁打王のルーツ】 菅野智之/山川穂高
【独占インタビュー】 村田諒太「王座奪回を語る」

特別定価:本体574円+税目次ページへ

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

村田諒太

ボクシングの前後のコラム

ページトップ