Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<王座奪回を語る>
村田諒太
「完敗から265日。僕は勝つべくして勝てた」

posted2019/07/29 07:00

 
<王座奪回を語る>村田諒太「完敗から265日。僕は勝つべくして勝てた」<Number Web> photograph by Shigeyoshi Ohi

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Shigeyoshi Ohi

目を疑う完敗劇から9カ月。圧倒的不利と言われるリマッチでブラントに2回2分34秒TKOの完璧なリベンジを果たした。ほぼ引退を決意しかけた敗戦から、いかにモチベーションを取り戻し、いかに新たなスタイルを作り上げたのか。「闘う哲学者」が265日間の軌跡を改めて振り返った。(Number983号掲載)

 生傷の勲章を土産に、大阪から急いで帰京しなければならなかった。

 ロブ・ブラントとのリマッチを2ラウンドで制して世界王座に返り咲いた翌日、村田諒太はボクシングの熱気が充満する後楽園ホールに足を運んでいた。母校の応援をするために。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5743文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

村田諒太
ロブ・ブラント

ボクシングの前後の記事

ページトップ