JリーグPRESSBACK NUMBER

急増するJ監督の途中交代は効果的?
1試合平均獲得勝ち点を比べてみた。

posted2019/07/12 11:45

 
急増するJ監督の途中交代は効果的?1試合平均獲得勝ち点を比べてみた。<Number Web> photograph by Getty Images

2018シーズン途中からガンバ大阪のトップチームを率いる宮本恒靖監督。苦しんだチームを立て直した。

text by

渡辺功

渡辺功Isao Watanabe

PROFILE

photograph by

Getty Images

「監督には2通りしかない。クビになった監督と、これからクビになる監督だ」

 もはやサッカー界の格言となった感すらあるこの名セリフは、リーズ・ユナイテッドの監督として、1991-92シーズンのイングランド1部リーグで優勝、イングランド代表の臨時監督も務めたハワード・ウィルキンソンによるものだ。

 Jリーグもご多分にもれず。J1は年間34試合のリーグ戦前半が終了。J2、J3は間もなく折り返しを迎える時期ではあるが、すでに多くのクラブで監督交代が行われている。

 J1のヴィッセル神戸、サガン鳥栖、清水エスパルス、浦和レッズ、ジュビロ磐田。J2ではジェフユナイテッド市原・千葉、アルビレックス新潟、横浜FC、アビスパ福岡、FC岐阜の合計10クラブが、それぞれ新指揮官の下、捲土重来を期している。

 昨年、設立以来最多となる7件ものシーズン途中の監督交代が行われたJ3こそ、今年はまだ無風だが、J1、J2における交代ペースはすでに昨年を上回っている。

途中交代が増えた複合的な理由。

 いまから10年前、'09年にシーズン中の監督交代を行ったのは、J1、J2を合わせて6クラブだった。翌'10年が5クラブ、'11年も4クラブに過ぎなかった。それが'14年になると、10クラブが途中交代を行なうようになり、翌'15年以降も10、8、10、9と、2ケタ前後を推移している。

 増えた理由については、監督候補者(指導ライセンス保持者)の増加、海外の情報網や代理人ネットワークの充実。いわゆる「DAZNマネー」による賞金の大幅アップや、J3との入れ替え制の導入によって、目先の成績がよりシビアに求められるようになったこと、などと推測できる。

 '09年から昨年までの10年間に、シーズン途中の監督交代が最も多かったのは神戸と大宮アルディージャの6回(昨シーズンの林健太郎監督のような、前任監督と後任監督の間に、暫定的に短期間指揮した監督を挟んだケースは、2回ではなく1回の交代とカウントした)。

 神戸に関しては、今年すでに2回の途中交代を行ったのはご承知の通りだ。

【次ページ】 低迷に苦しんだ、ある監督の言葉。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

宮本恒靖
名波浩
ファン・マヌエル・リージョ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ