プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

柴田勝頼がG1に送り込んだ友人。
夏のプロレスがヒートアップする理由。

posted2019/07/04 17:00

 
柴田勝頼がG1に送り込んだ友人。夏のプロレスがヒートアップする理由。<Number Web> photograph by Essei Hara

オカダ・カズチカとの因縁がどうなるか……強力なオーラをまとってリングに再び現れた柴田勝頼。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 新日本プロレスの真夏の祭典「G1クライマックス」が7月6日にアメリカ・ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターで開幕する。その後、日本での試合は1週間のブレイクをおいて7月13日の大田区総合体育館から始まる。

 試合は20選手をA、Bの2ブロックに分けて各グループで総当たりのリーグ戦を行い、両ブロックの勝ち点トップが8月12日の日本武道館で優勝を争うことになる。

 昨年の優勝者は棚橋弘至だ。

 棚橋はこのG1での優勝を弾みに、昨年度の「プロレス大賞」MVPを受賞、年が明けた1.4東京ドームではケニー・オメガを倒してIWGPヘビー級王座にも返り咲いた。だが、2月に大阪でジェイ・ホワイトによって王座を追われて、4月には左ヒジの手術で2カ月の欠場を強いられた。それでも棚橋は6月にシリーズに復帰して来た。

 今回のナンバーの「プロレス総選挙」でも内藤哲也を最後に逆転して1位を勝ち取っている。

今年のG1のポイントはどこにあるのか?

 Aブロックは、棚橋、飯伏幸太、オカダ・カズチカ、ウィル・オスプレイ、EVIL、SANADA、バッドラック・ファレ、ザック・セイバーJr.、ランス・アーチャー、KENTA。

 Bブロックは、ジュース・ロビンソン、石井智宏、矢野通、後藤洋央紀、ジェフ・コブ、ジョン・モクスリー、内藤、鷹木信悟、ジェイ・ホワイト、タイチだ。

 開幕戦ではIWGP王者オカダと前年の覇者である棚橋がいきなりぶつかるが、G1の星取りのキーマンはいったい誰になるのだろう。

 アメリカ帰りのKENTAはG1初参戦だ。

 6月9日、大阪城ホールの花道に登場した柴田勝頼が指さした先にKENTAの姿があった。WWEではケガの期間が長くて思っていた成果を出せなかったKENTAだが、新天地を新日本プロレスに求めたことになる。

【次ページ】 タッグチームのように登場した柴田とKENTA。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

棚橋弘至
飯伏幸太
オカダ・カズチカ
KENTA
ジョン・モクスリー
内藤哲也
新日本プロレス
柴田勝頼

プロレスの前後のコラム

ページトップ