オリンピックPRESSBACK NUMBER

佐藤悠基が語るMGCへの決意・前編。
「2時間7、8分じゃ勝負にならない」

posted2019/06/30 17:00

 
佐藤悠基が語るMGCへの決意・前編。「2時間7、8分じゃ勝負にならない」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

高橋尚子もダークホースに挙げるなど、佐藤悠基はMGCに向けて着々と準備を始める。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 9月15日、MGCの号砲が鳴る。

 大迫傑、設楽悠太ら多くの有力ランナーがいる中、高橋尚子は佐藤悠基をダークホースに挙げた。

 マラソン強化戦略プロジェクトリーダーの瀬古利彦は「佐藤君は勝負強いですし、最近はマラソンの足ができている。まだまだ余力が残っている気がします」と、佐藤を推している。

 高まる評価の中、佐藤は粛々とマラソンのための足作りに励み、マラソングランドチャンピオンシップ(通称MGC)当日に向けて準備を整えつつある。

 佐藤がMGC獲得のために挑んだ最初のレースは、2017年12月の福岡国際マラソンだった。

 残念ながら35キロ付近で途中棄権となり、捲土重来、2度目の挑戦は2018年2月の東京マラソンだった。

 設楽悠太が当時の日本新記録(2時間6分11秒)を達成したが、佐藤もサブテン(2時間8分58秒)を達成し、東京五輪のマラソン代表の座をかけたMGC出場権を得た。

 あれから約1年半弱の時間が経過した。佐藤は今、どのような心境でMGCに向けて調整しているのかを聞いた。

東京マラソンで「イケる」と感じた。

――MGCに向けて、ここまで順調にトレーニングをすることができていますか?

「やりたいことはできているのかなと思います。例えば昨年のベルリンマラソン(2時間9分18秒で6位)はトレーニングを順調にこなしている中での海外レースでした。ペースメイカーが付いていたけど当てにならなくて(苦笑)。機能していれば(1キロ)2分58秒ぐらいで行こうと考えていたんですが、前半はスローペースだったので後半に自分でペースを上げました。

 残り2キロでフラフラになってもいいんで、30キロを越えてどこまでペースを上げられるか試したんですが、しっかりと上げられた。自分のやりたいレースができたし、それなりの手応えは掴めました」

――マラソンはベルリン以来、今年に入ってから3月の東京マラソンに出場しました。このレースの狙いは何だったのでしょうか。

「レベルの高いレースに出ていった時にいい勝負ができるように思い切った攻めのレースをやって、どこまでいけるのかをやってみたかったんです。レースは25キロぐらいまでは攻めの姿勢で行けた。途中寒さで腹痛が出てしまったんですが、練習をワンランク上げていけば30キロ以降もしっかりと走れる体ができてくるんじゃないかなと。

 実はこの時、自分がこれ以上無理だというトレーニングをしてきたわけではなかったんです。だから、まだイケる、まだレベルアップできると感じたことが収穫でした」

【次ページ】 1万mを4回ぐらいの意識でやらないと。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

佐藤悠基
オリンピック・パラリンピック
東京五輪

陸上の前後のコラム

ページトップ