競馬PRESSBACK NUMBER

牝馬特有の脚ではなく「力ずく」。
歴史を塗り替えたリスグラシュー。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph bySatoshi Hiramatsu

posted2019/06/28 07:30

牝馬特有の脚ではなく「力ずく」。歴史を塗り替えたリスグラシュー。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

リスグラシューの父・ハーツクライはドバイレース(GI)を制すなど、海外でも実績を残した名馬だ。

海外に強いハーツクライ産駒。

 ちなみに、リスグラシューの父はハーツクライ。'05年の有馬記念で史上最強と言われたディープインパクトに初めて土をつけたこの馬は、翌'06年、ドバイでドバイシーマクラシックを優勝すると、イギリスのキングジョージVI世&クイーンエリザベスS(GI)でも僅差の3着に好走。

 種牡馬となった後には、産駒のジャスタウェイがドバイのドバイデューティーフリー(GI、'14年、現ドバイターフ)を、アドマイヤラクティがオーストラリアのコーフィールドC(GI、'14年)を、ヌーヴォレコルトがアメリカのレッドカーペットG(GIII、'16年)を勝った他、スワーヴリチャードやシュヴァルグランらも海外で好走。海外遠征で良績を残す種牡馬となっている。

 そういえば、前述したスイープトウショウが宝塚記念を勝った時、2着だったのがこのハーツクライだった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リスグラシュー
ダミアン・レーン
キセキ
レイデオロ
マリアライト
スイープトウショウ
ハーツクライ

競馬の前後のコラム

ページトップ