競馬PRESSBACK NUMBER

牝馬特有の脚ではなく「力ずく」。
歴史を塗り替えたリスグラシュー。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph bySatoshi Hiramatsu

posted2019/06/28 07:30

牝馬特有の脚ではなく「力ずく」。歴史を塗り替えたリスグラシュー。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

リスグラシューの父・ハーツクライはドバイレース(GI)を制すなど、海外でも実績を残した名馬だ。

手応えを掴んだ香港遠征。

 リスグラシューはエリザベス女王杯を制した後、香港へ飛んだ。暮れに行なわれた香港ヴァーズ(GI)に挑戦すると、地元馬エグザルタントにこそ後塵を拝したものの、牡馬の一線級を相手に2着と好走。今春は金鯱賞でダノンプレミアムの2着した後、再び香港へ遠征。今度はクイーンエリザベス二世カップ(GI)に挑戦し、ウインブライト、エグザルタントに続く3着に好走していた。

 2度の香港遠征で、着順こそ2着から3着と1つ落としたものの、管理する矢作調教師は盛んに次のように語っていた。

「最初の遠征の際は環境の変化のせいもあって、正直、万全と言える状態で走らせてあげる事が出来ませんでした。でも、クイーンエリザベス二世カップの時は、2度目の遠征ということもあり、リスグラシューがよく耐えてくれて、本来の良い状態で走らせてあげる事が出来ました」

 勝てなかったことはもちろん悔しかったが、良い状態で臨ませてあげられたことに対しては満足出来たと続けた。

矢作調教師は「楽なものですよ」。

 そして迎えたのが今回の宝塚記念だった。

 馬場入りする際にはかなり気合が乗っており、手綱を取るダミアン・レーン騎手が少々手こずるシーンを見せた。それを凝視していた矢作調教師に、すぐ直後に「だいぶ気合が乗っていますね?」と聞くと、伯楽は答えた。

「ジョッキーが乗ってからグッと気が乗った感じです。でも、装鞍所やパドックへ入った時は落ち着いていました。関西の競馬場ですからね。楽なものですよ」

【次ページ】 勝算を持って挑んだ宝塚記念。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リスグラシュー
ダミアン・レーン
キセキ
レイデオロ
マリアライト
スイープトウショウ
ハーツクライ

競馬の前後のコラム

ページトップ