猛牛のささやきBACK NUMBER

怪我で二桁、新人王を逃した左腕。
ドラ1田嶋大樹「野球、楽しいな」
 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/06/27 11:15

怪我で二桁、新人王を逃した左腕。ドラ1田嶋大樹「野球、楽しいな」<Number Web> photograph by Kyodo News

プロ2年目の今季は気持ちや表情だけでなく、投球フォームからも、いい意味で力が抜けたように見える。

ニヤッと笑みを浮かべる田嶋。

 約1年ぶりの一軍マウンドでも、緊張よりも楽しさがまさっていた。捕手の若月健矢のサインをのぞき込みながら、ニヤッと笑みを浮かべる場面もあった。

 田嶋自身が一番楽しかったと振り返ったシーンが、4回表にDeNAの4番・筒香嘉智にセンター前ヒットを打たれ、5番のホセ・ロペスを打席に迎えた場面だ。

「ランナーが出て、あ、オレ、ピッチャーやってるなって実感が湧いてきた。ピンチという感覚はあまりなかったです」

 この時は二塁手・西野真弘の好守にも助けられ無失点に抑えた。

登板3戦目「自分らしいピッチングができた」

 今季初登板は5回0/3、4安打無失点。2戦目は阪神打線を6回まで無安打に抑えたが、7回に初安打を打たれると、四球を出して交代となった。この時点では5-0とリードしていたが、その後、マウンドに上がったブランドン・ディクソンが3点を奪われ、9回には増井浩俊が同点に追いつかれて延長12回引き分けに終わった。

 復帰したばかりということで球数に制限を設けていたこともあり、この2戦はランナーを残してイニングの途中でマウンドを下りたことを、田嶋は何より悔やんでいた。

「リリーフの方に本当に申し訳ない。僕がきっちり抑えてディクソンに回していたら、そんなに打たれることはなかったと思うし、僕がランナーを残したことによって、増井さんにもかなり負担をかけてしまった。そこは本当に反省すべき点です」

 今年3度目の登板となった6月23日の広島戦は、6回を投げて被安打はわずかに2。0-0の7回表に打席が回ってきたところで代打が送られ交代となったが、「今日は序盤から自分らしいピッチングができた。味方が点を取るまでなんとか0で抑えることができましたし、イニングをしっかりと投げ切って、リリーフ陣につなぐことができてよかった」とコメントした。

【次ページ】 理想は力感なく、それでいて強いストレート。

BACK 1 2 3 4 NEXT
オリックス・バファローズ
田嶋大樹

プロ野球の前後のコラム

ページトップ