サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

南米メディアが森保Jに手のひら返し。
高評価は久保建英に柴崎、岡崎も。 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/06/24 11:20

南米メディアが森保Jに手のひら返し。高評価は久保建英に柴崎、岡崎も。<Number Web> photograph by Getty Images

エクアドル戦で勝利すれば決勝トーナメント進出を果たせる日本代表。南米での評価をさらに高められるか。

中島の転倒はカバーニ以上にPK。

 また、後半、中島がDF2人に囲まれながらマルセイユ・ルーレットで抜け出して倒された場面では「カバーニへのPK以上にPKだった」として、「日本はありもしないPKを取られ、本当にあったPKを取ってもらえなかった」とコメントした。

 ウルグアイの日刊紙『エル・パイス』も、「ウルグアイは日本に驚かされた。非常に難しい試合だった」と苦戦を認め、「ウルグアイにも勝つチャンスはあったが、2つの微妙なプレーにおける審判の判定がいずれもウルグアイに有利に働いたことを考えると、引き分けは妥当だった」と試合の結果を受け入れた。

「岡崎と川島がチームを落ち着かせた」

 この2試合における日本について、サンパウロの有力日刊紙『オ・エスタード・デ・サンパウロ』のアウミール・レイチ記者は、このように語っている。

「U-22代表に数人のオーバーエージを加えただけの日本がチリに完敗したのを見て、ウルグアイには全く歯が立たないと思っていた。

 しかし、森保監督がセンターフォワードに岡崎(慎司)、GK川島(永嗣)らベテランを投入してチームを落ち着かせ、戦い方を大幅に変更して、選手たちが90分間を通じて勇敢でありながら細心の注意を払ってプレーしたことには本当に驚かされた。これほど短い間にこれほど変貌したチーム、選手は見たことがない」と称賛している。

 その一方で、「日本は、2つの試合で全く異なる顔を見せた。だからこそ、8強入りをかけて戦う24日のエクアドル戦の出来で日本の真価が問われる」と指摘し、こうもコメントしている。

「エクアドルはここまで2連敗だが、日本もエクアドルも、スコアに関係なく、勝てば8強入りできる。勝つと負けるとでは天国と地獄だから、互いに死力を尽くしてプレーするはず。とても興味深い試合になるだろう」

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3
森保一
久保建英
中島翔哉
エディンソン・カバーニ
岡崎慎司
川島永嗣

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ