プレミアリーグの時間BACK NUMBER

ランパード監督就任が秒読み段階。
レジェンドに託すチェルシーの思惑。

posted2019/06/22 11:30

 
ランパード監督就任が秒読み段階。レジェンドに託すチェルシーの思惑。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

フィニッシュに絡めるタイプだったランパード。スタンフォード・ブリッジのテクニカルエリアに立つ姿が見られるか。

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 フランク・ランパード。就任発表は時間の問題と言われるチェルシー新監督の人選は、クラブにとって、その名前が意味するものこそが最大の理由だ。

 昨季2部のダービーで監督としてのスタートを切った本人には、オーナーであるロマン・アブラモビッチが直々に就任要請の電話を入れたようだ。マウリツィオ・サッリ退任により、転任先のユベントスから手に入れる推定500万ポンド(約7億円)の補償金の8割相当が、ランパード引き抜きの違約金としてダービーに支払われる見込みである。

 多くのファンは20日にチェルシー公式アカウントから発信された「Happy Birthday Frank Lampard!」とのツイートで、レジェンド帰還への期待を煽られている。

チェルシーとランパードの“絆”。

 ランパードと聞いて一般的なプレミアリーグのファンは、ずば抜けた得点力を持ったMFをイメージするだろう。ただ、チェルシー・サポーターが想起するのはそんなMF像を超える偉大なものだ。

 2005年、ボルトン戦での2得点を思い出せば、半世紀ぶりのリーグ優勝が決まった喜びとともに、それまで味わったことのない「高揚感」が胸に蘇る。2008年にリバプールとのCL準決勝第2レグで決めた得点も印象深い。

 インタビューで自らを「ママズ・ボーイ」と認めており、母親を亡くした翌週の大一番で蹴ったPKはメンタルの強さを見せつけた。

 悲願のCL優勝を成し遂げた2012年、バルセロナとの準決勝第2レグで上がった反撃の狼煙は、ランパードのアシストによるもの。敵地での劣勢に主将ジョン・テリーの退場による数的不利まで加わったピッチで、不屈のチーム・スピリットを体現したスルーパスだった。

 30代後半の大ベテランとなり、マンチェスター・Cに所属した2014年には、ホームで古巣チェルシー相手に同点ゴールを決めた。その際、得点を喜ばないどころか困惑した表情を浮かべたランパードと、アウェーのスタンドの陣営からも起こった拍手が、チェルシーとの“絆”を痛感させた。

 いずれも、現在のチェルシーが取り戻したいと願う要素ばかりだ。

【次ページ】 チェルシーの空気は明るくない。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フランク・ランパード
チェルシー
ロマン・アブラモビッチ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ