欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「久保建英を横取りできて鼻高々」
贔屓紙記者が語るレアル移籍の真相。 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/06/19 11:45

「久保建英を横取りできて鼻高々」贔屓紙記者が語るレアル移籍の真相。<Number Web> photograph by Getty Images

コパ・アメリカ初戦でも決定機を作り出した久保建英。スペインでの注目度も大きく上がっている。

バルサが泣く泣く手放した真相。

――マドリーがバルセロナなど他クラブを出し抜くことができた理由は?

「条件面と入団後の処遇だ。マドリーとバルセロナのどちらに入ろうと、当面、クボはBチームでプレーすることになる。バルセロナは、年俸がBチームの選手としての上限の25万ユーロ(約3050万円)で、最初の2年間、Bチームでプレーすることを求めた。

 一方、マドリーには年俸の上限はない。手取りで年俸120万ユーロ(約1億5000万円)、税金を含めると総額200万ユーロ(約2億4000万円)の5年契約を提示した。クボのFC東京との契約は彼が18歳の誕生日を迎えた6月4日で満了しており、移籍金はゼロ。マドリーにとっては極めてお得な買い物だった。そして、Bチームでプレーするのは1年間だ」

――バルセロナがレアルと同程度の条件を出せなかった理由は?

「もちろん、金がないわけじゃない。ただ、クボに例外を認めたら、他選手から文句が出る。組織を守るため、涙を飲んでクボを諦めたのだろう」

――マドリーの場合、「入団後1年間はBチーム」というのは絶対的な決まりか?

「いや、必ずしもそうではない。昨夏に18歳で入団したブラジル人FWヴィニシウスは、Bチームで5試合出場しただけで違いを見せつけ(2018-19シーズンは通算4得点)、すぐトップチームに上がり、ほどなくレギュラーになった」

――現実的に考えて、来季、トップでプレーする可能性はあるのか?

「それはない。3人の外国人枠がすでにブラジル代表MFのカゼミーロらで埋まっているし、ベルギー代表エデン・アザールらを獲得して来季の攻撃陣は非常に層が厚い。二重の意味で無理だ」

――それでは、久保はいつ頃トップチームでプレーできると思うか?

「3年以内と予想している」

――入団直後、マドリーが彼を欧州の他クラブへ貸し出す可能性は?

「それはないだろう。クラブは、まず手元において彼のプレーと人間性を観察したいはず。他クラブからは期限付き移籍の依頼が殺到するだろうけどね。来季、カスティージャ(Bチーム)の監督を務めるのはラウール・ゴンサレス(1994年から2010年までマドリーでプレーしてリーグ通算228得点、スペイン代表でも44得点のレジェンド)。彼が成長するには最高の環境だろう」

【次ページ】 マドリードで大歓迎されるはずだ。

BACK 1 2 3 NEXT
久保建英
レアル・マドリー
バルセロナ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ