草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

ドラ1候補・森下暢仁は中日へ?
明大主将右腕と竜にある運命の糸。

posted2019/06/19 11:30

 
ドラ1候補・森下暢仁は中日へ?明大主将右腕と竜にある運命の糸。<Number Web> photograph by Kyodo News

大学選手権で優勝を飾り、最高殊勲選手と最優秀投手に輝いた主将の森下は仲間たちから胴上げされる。今秋ドラフトの目玉だ。

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 果たして運命の赤い糸、いや紫紺の糸はつながっているのか。

 先日行われた大学選手権で見事に明大を38年ぶり6度目の優勝へと導いたのは森下暢仁(4年、大分商)だ。

「今日勝てば、明治大学野球部が幸せになると思ってマウンドに上がった」と、佛教大との決勝戦では被安打7、10奪三振で完投した。

 投手としては最速154kmを誇り、主将としてチームを束ねる。高校ビッグ4に注目が集まっているが、森下は今秋のドラフトで1位指名が確実視されている逸材だ。大学選手権胴上げ投手の称号を得た右腕は、どこへ進むのか。

 明治、投手、主将。この3つのキーワードを打ち込めば、進路はすでに定まっているとしか思えない。

過去を振り返ると、「中日1位」で決まり?

 明大野球部の公式サイトには歴代主将の名が記載されている。高田繁や現監督の善波達也らもそうだが、投手だと古くは夏の甲子園を3連覇した吉田正男(中京商)、甲子園で全5試合完封、準決勝と決勝はノーヒットノーランという嶋清一(海草中)、戦後も三沢高との死闘を演じ、深紅の優勝旗を勝ち取った井上明(松山商)ら伝説の選手がずらりと並ぶ。

 ただし、こうした大物もプロ野球には進んでいない。プロへと進んだ投手の名を拾い上げてみると、星野仙一(倉敷商)、高橋三千丈(静岡商)、川上憲伸(徳島商)、柳裕也(横浜高)。

 野球好きならおわかりのように、全員が中日にドラフト1位で入団している。全員が右投手。柳を除けば公立の商業高校なんてこじつけもできそうだ。すわ、森下は中日入り決定か! 

 自らの代では明治神宮大会を制した柳にも、単なる先輩と後輩の間柄を超えた縁がある。

【次ページ】 新入生・森下の面倒を見た4年生・柳。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森下暢仁
明治大学
川上憲伸
星野仙一
柳裕也
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ