プロ野球PRESSBACK NUMBER

二軍・藤浪に「リミット」を!
藪恵壹が語る、阪神優勝の鍵。

posted2019/06/18 08:00

 
二軍・藤浪に「リミット」を!藪恵壹が語る、阪神優勝の鍵。<Number Web> photograph by Kyodo News

腕を下げるなど試行錯誤中の藤浪。今季、二軍では3試合9イニング無失点で被安打1、四死球1、11奪三振(6月16日現在)。

text by

藪恵壹

藪恵壹Keiichi Yabu

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 タイガースは交流戦に入って、苦しみながらも粘り強い戦いを続けていますね。

 そこでシーズンの今後に向けて鍵になってくるのが藤浪晋太郎の扱いでしょう。

 フォーム改造などオフシーズン、キャンプから試行錯誤を重ねてきましたが、オープン戦で結果が出ず。シーズン開幕前に自ら二軍での調整を望み、それを首脳陣が了承する形となっていましたが、二軍で3試合目の登板となる6月11日のウエスタン・リーグ、オリックス戦(オセアンBS球場)で5回を投げて1安打無失点、四死球0、奪三振8と快投しました。

 映像や写真を見る限り、リリースの時に手首が寝てしまっていたり、制球をつける上では理に適っていないのではと思う部分もあるのですが、このゲームでは課題の抜け球もほとんどなく、本人もベンチも手応えを感じる内容だったようです。

 そこで、いつ一軍に復帰するのかが注目されているのです。

見えない「藤浪復帰」の基準。

 もともと私は、藤浪の二軍調整には否定的な意見を持っていました。彼はルーキーの時から3年連続して一軍で2ケタ勝利を挙げたわけですから、そういう投手がいくら二軍で結果を出したからといって自信を取り戻せるとは思えないからです。

 ただ、二軍調整というプロセスを経ることになって本人が結果を出したからには、今後へ向けて一軍復帰への「時間的なリミット」を設けるべきだと思います。つまり、「このタイミングで一軍に復帰させるから、それまでに結果を出し、準備しておいてくれ」ということです。

 もちろん、首脳陣は様々な復帰への選択肢を考えていると思うのですが、今のところ報道を見る限り、藤浪の復帰について何が基準になるのか。交流戦後のリーグ再開なのか、オールスター明けなのか。そういったものが見えてきていません。

【次ページ】 球宴後となれば、10試合程度しかない。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

藪恵壹
藤浪晋太郎
阪神タイガース

プロ野球の前後のコラム

ページトップ