Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<初ホームランを語る>
吉田正尚「強く振ればいいわけじゃない」

posted2019/06/18 15:00

 
<初ホームランを語る>吉田正尚「強く振ればいいわけじゃない」<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Shigeki Yamamoto

球団史上初の新人から4年連続二桁本塁打。侍ジャパンでも4番を経験した猛牛打線の若き主砲が、プロの壁を乗り越えて放った初アーチの思い出を振り返ってくれた。(Number980号掲載)

 今年5月21日の千葉ロッテ戦で、オリックスの吉田正尚は今シーズンの第10号本塁打を放った。吉田自身、「キャンプから取り組んできたセンター方向に、ストレートをしっかり弾き返せた」と納得の一打は、球団史上初の、新人から4年連続二桁本塁打というメモリアルアーチだった。

 その記録の出発点は、2016年8月18日だった。

 大学日本代表で4番を務めたドラフト1位ルーキーは、その年、即戦力の和製大砲として期待を集めた。キャンプで脇腹を痛めて出遅れたが、オープン戦最後の2戦で猛アピールして開幕一軍に滑り込み、開幕戦は1番指名打者で先発出場を果たす。4打席目に初安打を記録すると、開幕からの連続安打を6試合に伸ばして新人記録に並び、順調なスタートを切ったように見えた。

 しかし、吉田自身の感触は違った。

「正直ちょっと、ホームランは打てそうにないなという感じがありました。ピッチャーに合わせて、当てにいっていたような感覚があったので」

 その後、吉田は腰痛で4月24日に登録抹消となるのだが、それが自分の打撃を取り戻すきっかけになったと振り返る。

「ファームでリハビリや調整をしていく中で、自分のスイングを求める時間も作れたことはよかったです」

 再登録は8月12日。時間はかかったが、「しっかり振れるようになっていた。バッティングカウントだったら、空振りでもいいから、とにかく自分のスイングをしていく。そういう余裕も少しできていました」と言うように、4月とは違った状態で打席に立つことができていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

吉田正尚
オリックス・バファローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ