バレーボールPRESSBACK NUMBER

栗原恵、バレー人生に笑顔のピリオド。
ケガ、五輪落選も、すべて幸せ。
 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byKiyoshi Sakamoto/AFLO

posted2019/06/11 17:30

栗原恵、バレー人生に笑顔のピリオド。ケガ、五輪落選も、すべて幸せ。<Number Web> photograph by Kiyoshi Sakamoto/AFLO

今後については未定としながら、何らかの形でバレーボール、スポーツ界に関わっていきたい意向を明かした。

両親からのメッセージ。

 最後の試合となった5月の黒鷲旗全日本男女選抜大会。準決勝で敗れた直後、コートでJTの選手が栗原を囲む。その輪の中心で、両手で顔を覆い、栗原は泣いた。

「負けてしまって悔しい思いもあったんですけど、振り返って、みんなの顔を見た時に、みんなのことが本当に大好き、本当にありがとう、と飾らず伝えることができた。最後の場面を、そういう言葉で締めくくれたことが本当に幸せです」

 引退を決め、広島の両親に報告すると母からは「よく頑張りました」と、父からも短い返信が届いた。

「お疲れさまでした。メグのおかげで私たち家族は楽しませてもらいました。ありがとう」

 きっと両親だけではない。皆がそう思っているはずだ。

 こんなにも長く楽しませてくれて、ありがとう、と。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

栗原恵
大山加奈
吉原知子

バレーボールの前後のコラム

ページトップ