バレーボールPRESSBACK NUMBER

栗原恵、バレー人生に笑顔のピリオド。
ケガ、五輪落選も、すべて幸せ。

posted2019/06/11 17:30

 
栗原恵、バレー人生に笑顔のピリオド。ケガ、五輪落選も、すべて幸せ。<Number Web> photograph by Kiyoshi Sakamoto/AFLO

今後については未定としながら、何らかの形でバレーボール、スポーツ界に関わっていきたい意向を明かした。

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph by

Kiyoshi Sakamoto/AFLO

 少し緊張気味の笑顔を、無数のフラッシュが照らす。

「バレー人生の最後は『バレーボールをやってきてよかった』と笑顔でコートを去ることを目標にしていたので、思い描いていた通り。何より幸せな選手生活でした」

 走り続けた17年。振り返れば、決していい時ばかりでなかった。

 だが、檀上で見せる笑顔は正直だ。

 “メグカナ”フィーバーが巻き起こった頃よりもずっと、栗原恵は美しく輝いていた。

パワフルカナが語ったメグの強さ。

 “パワフルカナ”と、“プリンセスメグ”。その愛称に違わず、世間でもどちらかといえば、大山加奈のほうが強くて明るく、栗原のほうが可憐でおとなしそう。そんなイメージが先行していたはずだ。

 だが、実際は真逆。そう言うのは他ならぬ大山だ。

「メグのほうが強いんです。芯が一本、いつもしっかりありました」

 共に、高校在学時に日本代表へ招集された。187センチの栗原と大山。シドニー五輪出場を逃がし、復活を目指す日本女子バレーボール界にとって待望の大型エースの誕生に、寄せられた期待は大きかった。だが、もともとネガティブで引っ込み思案な大山は、代表合宿初日も1人で行くのが怖くてたまらず、見かねた下北沢成徳高の小川良樹監督が付き添ったほど。送り届けた小川監督が帰ると、一気に不安と寂しさが込み上げた。

「あぁ、私1人なんだ、と思ったら怖くて。部屋で泣いていたらメグに『何泣いてんの?』って(笑)。中学を卒業して親元を離れたメグは私よりずっと覚悟があったし、度胸も備わっていた。メグは強いなぁ、って泣きながらずっと思っていました」

 そんな強い栗原でも、日本代表のエースとして日の丸を背負うプレッシャーは想像以上だった。

【次ページ】 日の丸を背負う重圧。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

栗原恵
大山加奈
吉原知子

バレーボールの前後のコラム

ページトップ