サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

植田直通、コパ・アメリカ闘争宣言。
「うまいだけじゃ、絶対に勝てない」 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byAtsushi Hashimoto

posted2019/06/12 17:00

植田直通、コパ・アメリカ闘争宣言。「うまいだけじゃ、絶対に勝てない」<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto

東京五輪世代を中心としたメンバー構成で挑むコパ・アメリカ。植田直通はDF陣の中で最年長となる。

自宅で観戦したアジアカップ。

 今年2月1日、自宅のテレビの前で味わった悔しさと無力感は忘れられない。画面には、アジアカップ決勝で敗れ、肩を落とす日本代表選手たちが映し出されていた。

「知っている選手もたくさんいますし、代表のサポーターの1人として応援していました。ただ、やっぱり悔しかったですね。なんで自分がそこにいないんだろうという思いはありましたし、自分が日本のために何も出来ていないことがすごく悔しかった」

 悔しいときこそ、焦って何かを変えるのではなく、「自分がやってきたことを信じて、貫く」のが、植田直通の流儀だ。リーグ戦終盤からは先発を外れる試合も続いたが、下位プレーオフでは再びスタメンを奪取。4月6日のムスクロン戦では豪快なヘディングで、欧州での初ゴールも決めた。

「ここでチャンスが来たか」

 そんな彼に、吉報が届く。コパ・アメリカに臨む日本代表に招集された。

「ここでチャンスが来たか、ここで結果を残すしかないなと思いましたね。年代別代表も含めて、今までのサッカー人生でこれだけ代表から離れたことはなかったので。でも、クラブでしっかりとやり続けていれば、必ず呼ばれると信じていました。だからこそ、今回の代表にかける気持ちは強いです。

 コパ・アメリカは南米のすごいメンバーが、本気で臨んでくる。親善試合とは、気持ちが違いますから。本気のアレクシス・サンチェス(チリ)、スアレス、カバーニ(ともにウルグアイ)と闘える。最高ですよね。この経験は、絶対に大事にしないといけない。

 国際大会って、うまいだけじゃ絶対に勝てないと、僕は考えています。泥臭さであったり、強さを出すのが僕の役割。そういう選手が必要だと示したいですし、日本のみなさんも僕がバチバチ闘う姿を期待していると思います。相手が有名選手だからと言ってリスペクトしすぎることなく、ゴールを守るために何でもやりたいですね」

【次ページ】 DF最年長としての使命感。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

植田直通
セルクル・ブルージュ
鹿島アントラーズ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ