競馬PRESSBACK NUMBER

目立たず不器用だった馬なのに、
米3冠で5着のマスターフェンサー。

posted2019/06/11 11:15

 
目立たず不器用だった馬なのに、米3冠で5着のマスターフェンサー。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

日本で6戦2勝のマスターフェンサーが、米国の3冠レースで5着に入ったことは評価されるべきだろう。

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Satoshi Hiramatsu

 現地時間6月8日午後6時40分前後、日本時間9日午前7時40分前後、予定より気持ち遅れてベルモントS(GI、アメリカ・ニューヨーク、ベルモントパーク競馬場、ダート2400m)のゲートが開いた。

 最内枠から先頭を奪ったダークホースのジョービアに対し、スタートこそ五分に出たものの、すぐに後方に控える形になったのは、日本からの挑戦者マスターフェンサー(牡3歳、栗東・角田晃一厩舎)だ。

「後ろからになったけど、流れが遅かった分、馬群にはとりつくことができました」

 そう語ったのは同馬の手綱をとったJ・ルパルー騎手。道中は最後方まで下がるシーンもあったが、ケンタッキーダービーの時とは違い、先頭との差が大きく開くことはなかった。

「ケンタッキーダービーは急きょ決まった遠征だったので、状態面に関しては今回の方が明らかに良いですよ」

 そう言ったのは角田晃一調教師だ。

目立つ馬ではなかったけれど。

 日本国内でケンタッキーダービーの出走権を争うポイントでは4位に甘んじた。伏竜Sで勝ってポイントでトップになれば、アメリカ挑戦を視野に入れていたが結果は2着。遠征プランは水泡に帰したかと思われた。しかし、ポイント上位の3頭が次々と回避を表明。急遽、手を挙げれば行ける態勢となった。

「行けると聞き、2つ返事で承諾しました」

 そう語るのはオーナーの吉澤克己氏だ。

 自身も全国3カ所に育成牧場を持ち、現在540頭に及ぶ現役馬を管理しているが、そんな中で、マスターフェンサーは決して目立つ馬ではなかったと続ける。

「当歳の時から見ているけど、可もなく不可もなくという感じで目立つ馬ではありませんでした」

【次ページ】 ベルモントSを視野に入れていた。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マスターフェンサー

競馬の前後のコラム

ページトップ