サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

小野伸二を上回る衝撃のデビュー。
久保建英と森保ジャパンの収穫。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byToru Hanai/Getty Images

posted2019/06/10 11:40

小野伸二を上回る衝撃のデビュー。久保建英と森保ジャパンの収穫。<Number Web> photograph by Toru Hanai/Getty Images

約20分間のプレーとなった久保建英のA代表デビュー戦。早々に決定機に絡むなど、圧巻の存在感を示した。

1トップと2シャドーの関係。

 41分には2点目が生まれる。今度は左センターバックの畠中槙之輔のタテパスを、原口がゴールラインぎりぎりで折り返す。同サイドへ飛び込んできた永井がワンタッチで合わせると、左ポストをたたいたボールはネットに吸い込まれた。

 2得点のシーン以外にも決定機はある。35分、ダブルボランチの一角で先発した橋本拳人のタテパスを、左シャドーの南野拓実がワンタッチで永井へつなぐ。ゴール正面からの一撃が、GKを鋭く襲った。

 南野と永井に右シャドーの堂安律を含めた3人は、攻撃だけでなく守備でも悪くない距離感でプレーしていた。前線からハメようとして取り切れないシーンもあったが、前半の日本代表はエルサルバドルに1本のシュートも打たせていない。チーム全体がコンパクトにプレーし、危険なスペースを与えていなかったと言うことはできる。

18歳久保建英、投入。

 ハーフタイムを挟んで2-0のままゲームは推移し、森保一監督が交代カードを切っていく。59分に畠中と伊東を下げて山中亮輔、室屋成を投入した指揮官は、システムを4-2-3-1に変更する。

 日本代表がゴールへ迫っているわけでもないのに、スタンドがどよめいたのは60分過ぎである。ウォーミングアップエリアから、久保が中島翔哉とともにベンチへ向かう。

 67分、ふたりが投入される。久保はトップ下に、中島は2列目左サイドに入る。

 背番号27を着けた18歳は、登場から6分後の73分にプレーでどよめきをもたらす。永井の負傷で途中出場した大迫勇也からパスを受け、右サイドからドリブルで運んでいく。ふたりのDFに挟み込まれそうになった刹那、内側へ踏み出してマークを外す。ペナルティエリア右から得意の左足を振りぬくと、威力十分の一撃が相手GKの正面を突いた。

 久保が放ったシュートはこの1本だけで、得点もアシストも記録できなかった。

 だが、データだけでは読み取れない衝撃があった。イージーミスがない。自分でいくべきところと、周りを使うところの判断が適切である。無理も、無駄も、スキさえもないのだ。

 それでいて、久保は現時点の最大値を表現したわけではない。周囲とのコンビネーションが深まれば、もっと良くなっていくはずである。10代の選手のデビュー戦としては、小野伸二をも上回るインパクトがあった。

【次ページ】 3バックと4バックの併用。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

久保建英
永井謙佑

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ