Number PLAYBACKBACK NUMBER

若乃花×武蔵丸、スペシャル対談。
先輩横綱として相撲界に思うこと。 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byTetsuo Kashiwada

posted2019/06/03 07:00

若乃花×武蔵丸、スペシャル対談。先輩横綱として相撲界に思うこと。<Number Web> photograph by Tetsuo Kashiwada

対談で穏やかな表情を見せる2人。武蔵丸(左)と若乃花の戦いぶりは相撲史を鮮やかに彩った。

次世代の横綱候補は誰だと思う?

――おふたりは、次世代の横綱候補は誰だと思いますか?

若乃花 それは、今はまだ見えないかな。

武蔵丸 うん、いないねぇ。

――当時の4横綱では、武蔵丸さんが唯一、師匠となって今も弟子を育てています。元横綱として次代の横綱を育てる責任感のようなものはありますか?

武蔵丸 部屋を持って丸5年なんだけど、まずは関取を出さないとね。

若乃花 弟子を育てるの大変でしょ?

武蔵丸 楽しいよ。今の目標は、早く横綱を育てて、俺の弟子に師匠から横綱土俵入りを教えてあげてもらいたいの。で、それを俺が横で見ながら写真を撮るんだ(笑)。

若乃花 僕は相撲部屋で生まれ育っているから、ずっと相撲だけの人生は嫌だなって思っていた。入門時から、親方として相撲界に残る気はなかったし、相撲はあくまでも「仕事」だと考えていたから、変な横綱だったと思いますよ。

武蔵丸 若乃花はマイペースだからよかったんだよな。ねえ、生まれ変わったら、もう一回お相撲さんになる? 今日はそれを若乃花に訊いてみようと思っていたんだ。

若乃花 NFLの選手になりたい(笑)。うーん……。今、いろんな後遺症で体がキツいから、また相撲界にとは思えないなぁ。

武蔵丸 俺は生まれ変わったら、またなるよ。若乃花も、また一緒に土俵で戦おうよ。

若乃花 もういいよ~。武蔵丸の青いまわし見るの、嫌だったんだもん(笑)。親方は本当に相撲が好きなんだね。

(Number972号『頂きでぶつかり合って見えたもの。第66代横綱若乃花 第67代横綱武蔵丸』より)


 

横綱論。さらば、稀勢の里

Sports Graphic Number 972

横綱論。
さらば、稀勢の里

 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

武蔵丸
若乃花

相撲の前後のコラム

ページトップ