Number PLAYBACKBACK NUMBER

若乃花×武蔵丸、スペシャル対談。
先輩横綱として相撲界に思うこと。 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byTetsuo Kashiwada

posted2019/06/03 07:00

若乃花×武蔵丸、スペシャル対談。先輩横綱として相撲界に思うこと。<Number Web> photograph by Tetsuo Kashiwada

対談で穏やかな表情を見せる2人。武蔵丸(左)と若乃花の戦いぶりは相撲史を鮮やかに彩った。

心技体に優しさがあったから。

武蔵丸 今思うと当時は、ずっと緊張していたな。だから横綱時代は、あまり外にも出なかったくらい。大関時代はよく、夜の六本木に出稽古に行ってたけどね(笑)。

若乃花 僕は辞めたその日から3日間くらい原因不明の高熱が出たんです。ワーッと体が震えちゃって、部屋から出られなかったくらい。それも、急激に体重が落ちだして20kgも痩せたの。その痩せた体で、最後の巡業に出されてね。横綱土俵入りだけやってたんだけど――そうそう、一番最後の日の巡業で、急遽、曙と親方が僕の太刀持ちと露払いやってくれたんだよね(写真下)。これ、今までにないことだったんですよ。

武蔵丸 若乃花の最後だからって、花道でいきなりやることに決めたのね。俺たちも綱を締めたまま、3人で土俵入りした。土俵の上が狭いんだよ。曙が太刀を持つとバターナイフみたいだしな(笑)。

若乃花 はっはっは! 横綱はよく「心技体の充実」を言われるでしょ。もちろん親方もそうだけど、みんなどこか優しいんです。土俵で手を差し伸べたりって、それは武士魂から来るけれど、それ以上のものを持っている人たちなんだと思う。日々戦う相手だけど、どこかに優しさが感じられる。だからお互いに本気の力が出せたんです。

武蔵丸 うん、うん。

4人で横綱になれたという幸せ。

若乃花 横綱時代のいい思い出って何もないんだけど、相撲うんぬんは関係なく、4人で横綱になれたことだけはよかった。当時の写真を見たりして、「ああ、よかったな。幸せだったな」と唯一、思うんです。当時は苦しいだけで、とてもそうは思えなかったけど、引退してからやっとそう思えるようになったし、元横綱同士として、こうやって話せることが本当にうれしい。

武蔵丸 やっぱり横綱同士しかわからない世界でもあるから。元横綱の師匠が、今も元気でいてくれて、俺は幸せだなと思う。

若乃花 今日親方に会ったら言おうと思っていたのは、「お互い長生きしよう」ってこと。うるさい元横綱がいないとダメだからね(笑)。僕は今、タレントとして外の世界に出てるけど、どこに行っても「元横綱」と言われる。やっぱり棺桶に入るまで横綱なんだな、と思うんです。

武蔵丸 弟子をスカウトに行っても、今の子供たちは俺が横綱だってこと全然知らないんだよな(笑)。

【次ページ】 次世代の横綱候補は誰だと思う?

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

武蔵丸
若乃花

相撲の前後のコラム

ページトップ