プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武ドラ1、松本航は生真面目だ。
一軍ローテ定着へ「もっと余裕を」。

posted2019/05/30 07:30

 
西武ドラ1、松本航は生真面目だ。一軍ローテ定着へ「もっと余裕を」。<Number Web> photograph by Kyodo News

5月19日のオリックス戦でプロ初登板初先発で初勝利を飾った。西武の新人投手では松坂大輔以来20年ぶりの快挙だ。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 ライオンズのドラフト1位ルーキー・松本航が5月26日、メットライフドームでの北海道日本ハム戦で本拠地デビューを飾った。

 5回3分の2イニングスを投げ自責点は2。リードしてマウンドを降りたものの、後続が打たれチームは逆転負けを喫した。松本に勝ち負けはつかなかったが、前回登板で挙げたプロ初勝利に続き、投球内容は及第点といっていいだろう。

「今日は球数が多かったのが反省点です。相手打者を追い込むまではある程度、いい意味でアバウトに投げられていたんですけど、そのあと慎重になり過ぎてしまって、カウントを苦しくしてしまいました」

 北海道日本ハムの主砲・中田翔に本塁打を浴びたが「フォアボールだけはダメだと思っていたので、1点で終わるホームランだったらいいかなと思った」とサバサバと振り返る。

「まだまだ、もっと成長しなければと思いました。もっと余裕を持って、いろいろなことを考えながら投げたいですね」

 清々しい表情で語った。

オープン戦後、ストレスによる肺炎。

 思えば、アクシデントから始まったプロ野球人生だった。単独指名で西武に入団。即戦力、それも先発ローテーション入り確実の実力との高評価を得て、春のキャンプでも一軍に抜擢された。

 オープン戦で登板するまでは順調だった。しかし、阪神とのオープン戦に登板した直後、肺炎で倒れる。

 診断の結果は「強いストレスと疲労が原因」だった。

 高熱と止まらないセキに襲われ、絶対安静の日々が約2週間続いた。

「薬を飲んで、寝ていることしかできませんでした」(松本)

【次ページ】 プロ入り後は悔しさばかりが募る。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松本航
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ