プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武ドラ1、松本航は生真面目だ。
一軍ローテ定着へ「もっと余裕を」。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/05/30 07:30

西武ドラ1、松本航は生真面目だ。一軍ローテ定着へ「もっと余裕を」。<Number Web> photograph by Kyodo News

5月19日のオリックス戦でプロ初登板初先発で初勝利を飾った。西武の新人投手では松坂大輔以来20年ぶりの快挙だ。

プロ入り後は悔しさばかりが募る。

 何もできない状態が歯がゆかった。

「一軍の試合ですか? 少し熱が下がってからは、めっちゃ見ていましたね。とにかく暇だったので……(苦笑)。大学時代に見ていたときよりは現実味がありました。すでにライオンズの一員という立場でしたから。

 試合を見ながら『自分だったらこういう攻め方をしたいな』とか、自分の持ち球と照らし合わせて『自分だったらこの場面でなにを投げるかな』とか。イメージトレーニングになったかどうかわかりませんが……。ただ、見るだけでもつかめた感覚はありました。いちばんは失投の怖さですよね。コースをちょっとずれただけで痛打されるんだな、と」

 穏やかな性格で、負の感情をあまり表情に出さない松本だったが、悔しさは人一倍感じていたという。

「プロ入りしてからは順調にいかない悔しさばかりでしたね。キャンプは練習についていくことに精いっぱいで、その上、自分の体調管理不足で離脱してしまいました。

 一軍は、そりゃあ、もう憧れでしたし、雲の上の場所だと思っていたので、そのせいでいっぱいいっぱいになってしまって、視野も狭くなっていたと思います。離脱してから改めて、冷静に自分と向き合えた気もします。我に返って自分を見つめることもできました」

人一倍強い責任感から気負ってしまい。

 即戦力と期待されたことも、知らず知らずのうちに重圧になっていたようだ。

「離脱してからもですけど。『内海さん、榎田さん、松本が戻って戦力が整えば』みたいに、記事になるときは3人一緒でしたから。恐れ多いので『ひとくくりにするのはやめてくださいよ』って感じです(笑)。おふたりとは実績も経験も違いますから」

 責任感が人一倍強いからこそ、気負ってしまった部分もあった。

「昨年のドラフトは高校生の1位指名が多い中で、自分は大学で、一本釣りしてもらいました。その期待の大きさも感じていたし、その期待を力に変えなきゃいけないと思ってやってきました」

 生真面目な性格が悪いほうへ影響してしまったルーキーイヤーの序盤だった。

【次ページ】 野球について考える能力が高い。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松本航
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ