プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武ドラ1、松本航は生真面目だ。
一軍ローテ定着へ「もっと余裕を」。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/05/30 07:30

西武ドラ1、松本航は生真面目だ。一軍ローテ定着へ「もっと余裕を」。<Number Web> photograph by Kyodo News

5月19日のオリックス戦でプロ初登板初先発で初勝利を飾った。西武の新人投手では松坂大輔以来20年ぶりの快挙だ。

「自分の球をしっかり投げること」

 清川コーチは続ける。

「今後は、もっとすべての変化球を自由自在に投げられるようにならないといけません。リリーフ投手はロングリリーフでない限りは1打席勝負。でも、先発投手は2巡目、3巡目の対戦があります。その分、変化球を交えた配球が大切になります」

 先発ローテーションの1人としての期待が大きいだけに、周囲の要求も高い。

 一軍での2戦目の登板のあと、松本は言った。

「前回もそうでしたが、自分の球をしっかり投げることが大前提。配球も大切ですけど、何よりも自分のボールを投げること。そして今日は5イニングしか投げられなかったのが悔しいです。もっと多くのイニングを投げたい。

 一軍で投げさせてもらった2試合で、自信は持てました。あとは手先で操作しようとしてしまう癖があるので、もっと腕を振って投げることが課題です」

 アクシデントで出遅れたものの、立ち止まっていた間にもひとつひとつ、自分に課題を与え、それをクリアしてきた。今後も同じように進んでいくであろう姿を想像しながら、これからのピッチングに注目したい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松本航
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ