“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

チョウ監督と被るクロップの姿。
大誤審があっても湘南が勝てた理由。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/05/20 17:00

チョウ監督と被るクロップの姿。大誤審があっても湘南が勝てた理由。<Number Web> photograph by Takahito Ando

Jリーグ史に残る誤審になったのは間違いない。それでもその苦境を跳ね返したベルマーレは称えられるべきだ。

「ある意味やんちゃな集団に」

 プレーだけではなく、メンタリティーの持ち様が、ノンストップフットボールを体現していたのだ。マイナスの要素が起こっても、誰一人気持ちを止めることなく、勝利に向かってエネルギーを向ける。

「チーム全員で抗議もしたし、それで逆に火がついた。終わってみて感じたのは、今の湘南は良い意味で『いい子ちゃんの集団』ではなくなった。湘南の選手はみんないいやつで、サッカーに対して純粋で本当に真面目。でも、悪い意味で優等生過ぎた部分があった。

 だからこそ、今日は勝利への貪欲さ、こだわりがむき出しになったし、ある意味やんちゃな集団になれた。これは間違いなく湘南ベルマーレというチームが作り上げてきたものだと思う」

 梅崎の言葉が全てを表していた。世紀の大逆転劇は、湘南というチームがこれまで積み上げてきたものが、あまりにも美しく、劇的な形で表に出たものだった。

 湘南のDVD『NONSTOP FOOTBALLの真実』が話題となったチームだが、浦和戦でこそ、その本質を観た気がした。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

湘南ベルマーレ
浦和レッズ
杉岡大暉
曹貴裁

Jリーグの前後のコラム

ページトップ