Number ExBACK NUMBER

「プロレス総選挙 THE FINAL」第1次速報。
投票1.5万人を突破、TOP20を大発表! 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2019/05/10 19:00

「プロレス総選挙 THE FINAL」第1次速報。投票1.5万人を突破、TOP20を大発表!<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

続いて、熱く燃えている10位台の上位を発表!

第14位は……鈴木みのる選手(パンクラスMISSION)

「鈴木軍」を率いる“世界一性格の悪い男”。

「50歳を超えても尚プロレス界のトップに君臨して自らボスとして軍団も立ち上げている。まさにプロレス界のトップ王」「同世代の選手がほとんど第一線から退きつつあるのに対して、まだまだベルト戦線に絡む姿からレジェンドの風格と若手のような激しさを両方感じさせてくれる」(ともに10代・男性)など、若いプロレスファンからも多くのエールを集めています。

第13位は……丸藤正道選手(NOAH)

 昨年でデビューから20年、プロレスリング・ノアを牽引する旗揚げメンバー。

「恵まれた身体能力を常に進化させるよう努力をしているところや、本人のみならず所属する団体の社会への認知のために、アクションを怠らないところ」(60代・女性)と、試合はもちろんリングを離れたところでの姿勢にも応援が。

第12位は……獣神サンダー・ライガー選手(新日本)

 来年1月での引退を発表しているレジェンドレスラーは昨年の順位から大きくジャンプアップ。

「私の中で、マスクマンと言えば獣神サンダー・ライガー!! 私の永遠のヒーローです。色んな名勝負があるけど、今観ても震えます! ライガー、最高!!」(30代、女性)など、とにかく引退を惜しむファンの声が続々集結中。

第11位は……黒潮“イケメン”二郎選手(フリー)

 4月3日の後楽園大会でWRESTLE-1を退団し米WWE入りを目指すことを発表。プロレス総選挙上位常連のイケメンがじわじわ順位を上げています。

「イケメンさんほど会場全体を明るくできるレスラーはいない。身体能力も高い!どのリングでもがんばってほしい」(50代・女性)など、レスラーとしての能力はもちろんキャラクターへの共感と、新天地への期待から多くの投票が寄せられています。

【次ページ】 注目のベスト10入りは?

BACK 1 2 3 4 NEXT
内藤哲也
オカダ・カズチカ
棚橋弘至
飯伏幸太
高橋ヒロム
SANADA
宮原健斗
ケニー・オメガ
中邑真輔
鷹木信悟

プロレスの前後のコラム

ページトップ