プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

飯伏幸太が新日本に決意の再入団。
ベルトを巡る内藤哲也との奇妙な関係。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2019/04/25 17:30

飯伏幸太が新日本に決意の再入団。ベルトを巡る内藤哲也との奇妙な関係。<Number Web> photograph by Essei Hara

新日本に骨を埋める覚悟を決めた飯伏幸太。MSGで内藤から奪ったIWGPインターコンチのベルトと共に。

飯伏「棚橋さんと中邑さんは神」

「ボクの中に2人、神がいます。棚橋さんと中邑(真輔)さん。これは今でも変わらないし、いつになっても変わらないと思います」

 その「神」が巻いてきたインターコンチのベルトだから、飯伏は大事に考えている。その対戦相手が、同じ歳の内藤哲也。

「ボクの中ではライバルだと勝手に思っています」

ふたつのベルトを巻くと宣言!

 飯伏だって、新日本に来た以上はIWGPヘビーという看板タイトルは欲しいはずだ。ほしくないと言ったらウソになる。だが、あえて今はインターコンチに専念するというスタンスなのだろう。

 一方の内藤はこうだ。1月4日の東京ドームで「インターコンチネンタル王座とIWGPヘビー級王座を同時に取りたい」と言った。

「あの時の言葉、ウソじゃないから。本気でそう思ったからこそ言ったわけでね、軽い気持ちで言った言葉じゃないんだよ。オレの思いは変わらない。インターコンチネンタル王座とIWGPヘビー級王座を同時に保持する。オレは、それを狙っていますよ」

 内藤がその言葉を現実にするためには、まずインターコンチを巻く必要がある。

【次ページ】 もしかすると新たな「名勝負数え歌」に。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

飯伏幸太
内藤哲也
新日本プロレス
棚橋弘至
中邑真輔

プロレスの前後のコラム

ページトップ