プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

飯伏幸太が新日本に決意の再入団。
ベルトを巡る内藤哲也との奇妙な関係。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2019/04/25 17:30

飯伏幸太が新日本に決意の再入団。ベルトを巡る内藤哲也との奇妙な関係。<Number Web> photograph by Essei Hara

新日本に骨を埋める覚悟を決めた飯伏幸太。MSGで内藤から奪ったIWGPインターコンチのベルトと共に。

2連勝している内藤となぜ?

 飯伏は内藤哲也を4月6日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)大会で破ってIWGPインターコンチネンタル王者になった。4月20日には名古屋でザック・セイバーJrの挑戦を退けて初防衛に成功している。

 その防衛直後に内藤との再戦が浮上した。

 飯伏からすれば、内藤には3月のニュージャパンカップで勝っている。4月のMSGでも勝って2連勝。

 なぜ、ここで内藤という疑問もわく。

 内藤も「リ・マッチ(=再戦)は嫌いだ」と言いながら、自ら名乗りを上げた。「他にだれもいないなら、オレで文句ないでしょう」というわけだ。「前王者だからということは言っていない」とも付け加えた。

 早ければ5月4日、福岡国際センターで内藤とインターコンチのベルトをかけて再戦することになるだろう。

「本当にこのベルトがほしいんですか?」

「相思相愛」互いに相手を引き寄せるようにこの戦いは短い期間で実現した。

 3月、4月、5月。この先も毎月が再戦になる可能性もある。

「内藤さんは本当に、このベルトがほしいんですか? IWGPヘビーのベルトがほしいというのはわかります。2つほしいというのも分かります。じゃあ、このインターコンチ、IWGPインターコンチ、このベルトだけほしいのですか」

 飯伏は内藤に問いかける。

【次ページ】 飯伏「棚橋さんと中邑さんは神」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

飯伏幸太
内藤哲也
新日本プロレス
棚橋弘至
中邑真輔

プロレスの前後のコラム

ページトップ