松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

ゴールボールの天摩由貴が、ロンドン
パラに出場後、陸上競技をやめた理由。 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/05/06 08:00

ゴールボールの天摩由貴が、ロンドンパラに出場後、陸上競技をやめた理由。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

ディフェンス時、顔に当たらないよう天摩さんの左腕は顔の前に。でも修造さんの顔は無防備。ボールは硬い。当たったら、痛い!

「スポーツはしない」と思ったが。

松岡 中途半端な気持ちではできないと。

天摩 どの選手もコーチやトレーナー、サポートして下さる方々がいて、一人ではたどり着けなかったって言いますけど、それが私たちにとってはもっと深いというか……。なんて言えばいいんだろう。二人三脚でやっていくので、本当に覚悟がないとできないです。

松岡 そういう思いを経て、いったん競技からは退いて、パラリンピックという目標が消えた状況で生活していたのは間違いないですね。

天摩 私はもう「スポーツはしない」と思ってました。陸上を辞める決心をしたときに、あとで後悔しないかどうかは考え抜いたので。

松岡 でも今、こうしてゴールボールで再びパラリンピックを目指してます。

天摩 そうなんですよ。本当に人生は何があるかわからない。

(第3回に続く/構成・小堀隆司)

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
天摩由貴
松岡修造
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ