サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

平成日本サッカーの夜明け(2)
世界ベスト8に輝いた16歳の中田英寿。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/04/28 10:30

平成日本サッカーの夜明け(2)世界ベスト8に輝いた16歳の中田英寿。<Number Web> photograph by AFLO

1993年、U-17世界選手権での中田英寿。日本開催の大会で見せた運営力・競技力が2002年のW杯招致につながった。

世界の舞台の価値を日本に広めた大会。

 継続的に合宿を開いて選手をチェックする強化プランは、この大会を契機に若年層育成のスタンダードとなっていく。世界大会に出場するだけでなく結果を残したことで、個々の選手たちの向上心や競争意欲も刺激されていった。

 同世代の活躍を目の当たりにした選手は、「次はオレも」と思う。日本代表として戦うことの名誉や誇りといったものが、若年層から醸成されていく。

 今大会は強化の方向性を見直すきっかけにもなった。中学3年生(15歳)と高校1年生(16歳)の指導環境は、U-17世界選手権の予選突破だけでなくワールドユースや23歳以下で争われる五輪の予選突破にも結び付いていく。

 15歳と16歳の強化に関する議論が少しずつ広がりを見せていくなかで、育成年代の大会でもトーナメント方式ではなくリーグ戦方式が採用されるようになっていく。2006年(平成18年)からは、国体少年の部が16歳以下の大会となっている。

 いずれにせよ、世界の舞台に立つ価値や意義が、今大会によって広まっていった。開催国としてではなくアジアの予選を突破して世界の舞台に立つ時代が、いよいよ訪れようとしていた。(第3回は29日公開予定です)

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中田英寿
松田直樹
宮本恒靖
戸田和幸

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ