菊池雄星の「Stand Up」BACK NUMBER

菊池雄星が考える「僕の役割」。
メジャーで手に入れた新しい野球観。 

text by

菊池雄星

菊池雄星Yusei Kikuchi

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2019/04/25 11:45

菊池雄星が考える「僕の役割」。メジャーで手に入れた新しい野球観。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

6度目の登板でメジャー初勝利を手にした。菊池雄星の戦いは、野球界そのものにつながっている。

野球のために力になるのが自分の役割。

 あとは、メジャーリーグに来ることは来ましたが、ここで結果を出さないとわからない世界もあると思っています。厳しい世界だからこそ、そこで認められることではじめて見えること、知ること、感じることが山ほどあると思います。何が見えるのかを確かめるためにも、まずは何よりも結果を出したいですね。

 高校の監督には、常に一歩高い目標を描き続けるようと言われてきました。「これを超えた先に何があるか」と想像する習慣は本当に僕を支えてくれました。そして監督は、「自分たちに負荷をかけろ」とも言ってくれました。それが今も生きていると感じます。

 僕は人にはそれぞれ役割があると考えています。

 一番に来るのは、活躍することで野球を知ってもらう、自分もメジャーリーガーになりたいと思ってもらうことが何より大切だと思っています。

 そして野球人口が減っている中で、なんとかそれを食い止めるのに貢献したしたい。野球のためにどうしたら力になれるかを考えています。それが「菊池雄星」が野球をやる目的の1つであり、役割。野球界の発展のために「Stand Up(立ち上がれ!)」したいと思っています。

『メジャーをかなえた 雄星ノート』

「Amazon」で購入

文藝春秋BOOKS

『メジャーをかなえた 雄星ノート』

花巻東高校から埼玉西武ライオンズ、そしてシアトル・マリナーズへ――。「いつかメジャーリーガーになる!」という夢を実現するため、中学時代から書いていた秘蔵の野球日誌を一挙公開! 雄星の野球人生の苦楽を知ることができる、野球人生で一度しか作れない、唯一にしてスペシャルな1冊。

<本体1,400円+税/菊池雄星・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

関連記事

BACK 1 2 3
菊池雄星

MLBの前後の記事

ページトップ