Number ExBACK NUMBER

東野圭吾のスノーボードへの愛が
オリンピアン達を熱くした! 

text by

秋月透馬(文藝春秋)

秋月透馬(文藝春秋)Toma Akizuki

PROFILE

photograph byShigeki Yamamaomto/Yoshifumi Shimizu/Yoshi Josef Toomuch

posted2019/04/21 09:00

東野圭吾のスノーボードへの愛がオリンピアン達を熱くした!<Number Web> photograph by Shigeki Yamamaomto/Yoshifumi Shimizu/Yoshi Josef Toomuch

第2回スノボードマスターズは、トップで活躍するスノーボーダーたちが集結。角野友基選手も見事な滑りを披露した。

女子の部の優勝は佐藤亜耶。

 王者を決める「バンクドスラローム」。快晴となった天候の影響もあり、刻々と変わるコースコンディションに注意を払いながら、選手たちは2本のタイムトライアルに挑んだ。

 女子の部で、優勝したのは、初日の4位からバンクドスラロームで1位のタイムをたたき出した佐藤亜耶。

 2位は浅谷純菜、3位は本多未沙となった。

 佐藤選手は、賞金100万円を手にして、

「一緒に出場した選手に、『4位でもあきらめちゃダメ』と、励まされて逆転できました。今シーズン、一緒に滑ってくれた仲間たちに感謝です。この賞金で、海外のレースに出ます!」

 と語った。

 平昌オリンピックでビッグエアで8位に入賞した鬼塚雅選手は、SBM初日の10位から、バンクドスラロームで大きく順位をあげたものの総合4位。レースを終えたゴール地点で、涙を浮かべ、くちびるを噛み締めていた。

 昨年の王者・佐賀優輝選手は、総合6位タイ。

「連覇を狙っていたので悔しいです。昨年の優勝で東野先生からもらった賞金を、どう使うべきかずっと考えていたんです。私はもっと強い選手になるために、来月から海外に留学します。今度出場するときはもう一度、優勝を狙います」

 と語った。

 SBMは、それぞれのライダーの魂に火をつける大会でもあった。

男子の部の優勝は小西隆文。

 男子の部で優勝したのは初日7位から逆転を果たした41歳、スノーボード界のレジェンド小西隆文。

 2位は、角野友基。3位は稲村樹となった。

 22歳の角野と24歳の稲村を従えて、表彰台の真ん中に立った小西は、喜びを語った。

「3種目2日間で総合力を問われるSBMの存在を知ったとき、『自分のための大会だ』と思って、出場を決めました。バンクドスラロームの経験が、みんなより少しあったので、勝つことができたのではないでしょうか。

 家族や仲間、友達、これまでスノーボードを一緒に滑ってきたすべての人にこの勝利を捧げたいと思います」

【次ページ】 東野「スタッフの喜ぶ姿が嬉しかった」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東野圭吾
角野友基
佐藤亜耶
浅谷純菜
鬼塚雅
佐賀優輝
本多未沙
スノーボードマスターズ
ガリレオ

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ