Number ExBACK NUMBER

東野圭吾のスノーボードへの愛が
オリンピアン達を熱くした! 

text by

秋月透馬(文藝春秋)

秋月透馬(文藝春秋)Toma Akizuki

PROFILE

photograph byShigeki Yamamaomto/Yoshifumi Shimizu/Yoshi Josef Toomuch

posted2019/04/21 09:00

東野圭吾のスノーボードへの愛がオリンピアン達を熱くした!<Number Web> photograph by Shigeki Yamamaomto/Yoshifumi Shimizu/Yoshi Josef Toomuch

第2回スノボードマスターズは、トップで活躍するスノーボーダーたちが集結。角野友基選手も見事な滑りを披露した。

角野「自分の滑りのすべてを見せたくて」

 連日のスタッフの努力もあり、絶好のコースコンディションの中、大会初日は、各選手が素晴らしい滑りを見せた。

 男子の1位が稲村樹、2位、稲村奎汰、3位、阿部祐麻。

 女子の1位は本多未沙、2位、谷上加七子、3位が浅谷純菜となった。

 大会で東野氏のアテンドを務めた丸山格さんは、初日をこう振り返る。

「五輪競技だけではなく、ほぼすべてのジャンルのトップ選手が集まりました。ただ、今回のコースは難易度が高く、ターンやジャンプを、スタートから最後までミスなく滑ることは至難の業でした。ジャンプに入るまでのスピード、コントロール、ターンのすべてをジャッジは判断していたと思います。選手たちがそれぞれの技術をとことん見せ合う、とてもレベルの高いフリーライディング+ジャンプでした」

 「X GAMES」を主戦場とする角野選手は、初日は4位につけた。

 大会2日目を前に、ルールなどを再確認するライダーズミーティングを終えた角野選手は、会場内で東野氏を見つけると、駆け寄ってこう話しかけた。

「スノーボード界に強烈なインパクトをくださって有難うございます。僕たちライダーは、自分の滑りのすべてを見せたくて、うずうずしていたんです」

 その言葉を受けた東野氏は、

「世界を舞台に戦っているなかで、こんな『草大会』に来てくれてありがとう」
 と、ほほ笑みながら答えていた。

角野「X GAMESより緊張した」

 角野選手は「4位」という結果に悔しさと楽しさをにじませていた。

「初日のスタート地点に立ったとき、『X GAMES』よりも緊張すると思いました。だって、なにをやってもいいコースでしたから。ただ、いろんなライダーの滑りを見ているうちに、これは僕の創造性が問われているんだ、と吹っ切れたんです。

 初日のトップテンのメンバーは、誰が1位になってもおかしくないハイレベルな戦いだったと思います。自分がスノーボードを始めた小学生の頃にDVDを見て、『かっこいい!』と感激した先輩ライダーたちと同じ大会で滑ることができるなんて、こんな幸せなことはないです。今日は4位でしたが、明日は優勝を狙います」

 早朝から競技終了までコースサイドで観戦していた東野氏は、最終日に向けて、スタッフたちにこう語りかけた。

「『こんな滑りを見たかった』というものをすでに見せてもらいましたから、大会は成功したも同然だと思っています。

 僕は、人生において大切なものの一つに、『遊び』があると思います。遊びの部分がなかったら、人生は豊かなものにならないと思うんです。

 だからこそ、選手たちにも、スタッフのみなさんにも、スノーボードマスターズという舞台で、思い切り遊んでほしいと思います」

【次ページ】 女子の部の優勝は佐藤亜耶。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東野圭吾
角野友基
佐藤亜耶
浅谷純菜
鬼塚雅
佐賀優輝
本多未沙
スノーボードマスターズ
ガリレオ

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ