Jをめぐる冒険BACK NUMBER

城福監督が注目するクロップの言動。
「モウリーニョとまた違うんだよね」 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/04/05 11:05

城福監督が注目するクロップの言動。「モウリーニョとまた違うんだよね」<Number Web> photograph by J.LEAGUE

現在リーグ戦3連勝中のサンフレッチェ。城福浩監督は選手と心を通わせながら戦っている。

その選手を頼って終わり、は嫌。

――そうした考えは、選手たちに話したんですか?

「話しました。開幕の1週間ぐらい前かな。『お前たちみんな、当事者意識を持ってくれていると思う。何歳だろうが、このチームを俺が変えるんだと。その気持ちを大事にしたい』と。『誰かを指名して、その選手を頼って終わり、というのは嫌だから、キャプテン、副キャプテンは今季はなし。以上』って。だから、例えば、スポンサーパーティーとかでは選手会長の(川辺)駿が代表して話しています」

――選手の反応はどうですか?

「今はリーグとACLを並行して戦っているから、ゲームキャプテンを変えることがあるんだけど、誰にキャプテンマークを託すのか、自分の中では明確な理由があって。やっぱりキャプテンマークを巻いた選手は意識や雰囲気が変わる。そういうのは大事だと思う。

 全員が当事者意識を持つのは難しいかもしれないけれど、できるだけ多くの選手が、俺がやらなきゃ、俺が引っ張らなきゃ、っていう気持ちを持ってほしいから。これは初めての試みだから、正解かどうかは分からないけど、シーズンが終わったときに、どんな答えが出るのか楽しみですね」

――野津田岳人選手についても聞かせてください。3年間、期限付き移籍で武者修行に出て、ベガルタ仙台では幸せな経験を、清水エスパルスでは苦しい経験をして、満を持して戻ってきました。

「野津田はね、本当に『満を持して戻ってきた』という言葉がぴったりだと思います。僕は詳しくはないけれど、飛び出すような形で出て行ったわけでしょう。3つのクラブでいろいろな経験を積んで、俺が広島を変えるんだ、ここで絶対に成功しないといけない、という覚悟を持って戻ってきたと思うから、サッカーに対するモチベーションやチームに対する想いの部分では何の心配もしていない。

 だけど、結果を出さなきゃ、っていう想いが強すぎて、肩に力が入るときがある。今季、先発させた試合では、けっこう途中交代させていて、理由は、ハードワークして疲労が出てきたから、っていうことが多いんだけど、彼からすれば、力が入りすぎて決定機やその一歩手前で“らしさ”を出せないまま代えられてしまう悔しさがあるんじゃないかな。でもね、それは悪いことじゃない。それだけ今季に懸ける想いが強いっていうことだから」

【次ページ】 監督業って、山あり谷ありだけど。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

城福浩
サンフレッチェ広島

Jリーグの前後のコラム

ページトップ