Jをめぐる冒険BACK NUMBER

サンフレッチェ城福浩監督の信念。
選手を愛し、辛くても「冷徹に」。

posted2019/04/05 11:00

 
サンフレッチェ城福浩監督の信念。選手を愛し、辛くても「冷徹に」。<Number Web> photograph by Atsushi Iio

インタビューに応じた城福浩監督。2018年のサンフレッチェとチームマネジメントについて熱く語ってくれた。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Atsushi Iio

昨シーズン、サンフレッチェ広島の監督に就任した城福浩氏。就任1年目はJ1リーグ戦で2位に入り、AFCチャンピオンズリーグ出場権を確保した。2017年は残留争いに巻き込まれたチームをどう立て直し、そして2年目となる2019年をどう迎えているのか。情熱的に語ってくれたインタビュー取材の記事を2回に分けてお送りする。
まず前編では2018シーズンの戦いぶりと、ベテランや若き才能をどう起用していくかの葛藤について明かしてくれた。

――1年半ぶりに現場に戻った昨年、17勝6分11敗の2位でシーズンを終えました。率直にどんな感想をお持ちですか?

「その前のシーズン、サンフレッチェは勝点33でなんとかJ1に残留して、選手たち、特にベテラン選手はすごく苦しく、悔しい想いを味わった。その彼らが素晴らしいリバウンドメンタリティを発揮してくれたんだけど、そんな彼らの取り組みに対して、2位という結果でしか応えられなかったのは、本当に悔しい。ただ一方で、優勝するだけの力はなかったという現実とも、しっかり向き合わなきゃいけないと思っています」

――開幕から14試合で史上最高となる勝点37を獲得し、シーズン前半戦は首位を独走しましたが、終盤に失速し、6連敗を喫してしまいました。その要因をどう分析されていますか?

「ワールドカップの中断期間までに勝点37を取れたのは成果ではあるけれど、圧倒的な内容で勝っていたわけじゃなくて、ぎりぎりの試合をモノにして勝点を重ねていった。メンバーも前年からほとんど変わっていないから、いかにシーズン中にチームを進化・成長させていくかがテーマでした。

 じゃあ、どう進化・成長させるのかと言ったら、若手の突き上げや攻撃面での積み上げ。もっとチーム内の競争を高めたかったし、もっとボールを動かして自分たちが主体となってゲームを進め、シュート数だって相手を上回るゲームを増やしたかった。ただ、前半戦にあれだけ勝点を積み重ねたことによって、シーズン中に変化を加えることが難しくなった。

 その難しさは、経験して初めて感じたことでした。夏に攻撃面の積み上げに取り組んだんだけど、勝点が取れなかったとき、攻撃に比重を置くようになって統一感がなくなった、という雰囲気になってしまうわけです」

【次ページ】 最終節で3バック、森崎起用の理由。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

城福浩
サンフレッチェ広島

Jリーグの前後のコラム

ページトップ