フランス・フットボール通信BACK NUMBER

アジアNo.1選手のソン・フンミン。
26歳、トッテナムでの栄光を検証。 

text by

ティエリー・マルシャン

ティエリー・マルシャンThierry Marchand

PROFILE

photograph byPierre Lahalle/L'Equipe

posted2019/03/31 08:00

アジアNo.1選手のソン・フンミン。26歳、トッテナムでの栄光を検証。<Number Web> photograph by Pierre Lahalle/L'Equipe

今季、ソン・フンミンがゴールを決めた試合はすべてトッテナムが勝利している。もはや、チームにかかせない存在だ。

アジア大会優勝で兵役免除も獲得。

 昨年夏以降、彼のスケジュールは過酷を極めている。

 8月半ばのジャカルタ・アジア大会、今年1月のUAEアジアカップのために3万7000km以上の移動を強いられたからだ。アジア大会では見事優勝を果たし、2年間の兵役を免除された。

 アジアカップでは準々決勝で優勝したカタールに敗れた直後に、クラブの強い要請を受けてロンドンに取って返した。チームに合流した数時間後には、ワトフォード戦(2-1)でゴールを決めてチームの勝利に貢献した。

 今や押しも押されもせぬ韓国サッカー界最大のスターである。

 その人気は圧倒的で、彼の試合のためにロンドンには10人以上の韓国人ジャーナリストが常駐している。昨年秋のチェルシー戦のゴールは、スパーズのビデオゲームにも取り入れられたのだった。

もはやパク・チソンを越えたか……。

 彼は、もはやいち選手以上の存在である。

 ビッグビジネスの対象であり、崇拝すべきカリスマであるとさえいえる。

 2年前にスパーズがアジアツアーで韓国を訪れた際、ソウルの空港は彼の凱旋を待つファンで大混乱に陥った。同じことはプレシーズンツアーで訪問したロスアンゼルスの韓国人街でも起こった。

 尊敬してやまないパク・チソン(朴智星/元マンチェスター・ユナイテッド)を越える存在となった今も、彼はロンドンの質素なマンションで両親と静かに暮らしている。

 ピッチを離れたソンは、ごく普通の慎み深い若者にすぎない。

 それもまた、彼が人々を惹きつけてやまない理由のひとつである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ソン・フンミン
トッテナム・ホットスパー
パク・チソン
ハリー・ケイン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ