フランス・フットボール通信BACK NUMBER

アジアNo.1選手のソン・フンミン。
26歳、トッテナムでの栄光を検証。 

text by

ティエリー・マルシャン

ティエリー・マルシャンThierry Marchand

PROFILE

photograph byPierre Lahalle/L'Equipe

posted2019/03/31 08:00

アジアNo.1選手のソン・フンミン。26歳、トッテナムでの栄光を検証。<Number Web> photograph by Pierre Lahalle/L'Equipe

今季、ソン・フンミンがゴールを決めた試合はすべてトッテナムが勝利している。もはや、チームにかかせない存在だ。

ソンは全プレーを高レベルでこなす。

 トッテナムでの2シーズン目以降、ソンは左サイドを定位置にしていた。今はそれも少し変わって、ケインがプレーする際には彼と完璧な補完関係を保ちつつ、自由に動く偽の10番の役割を担っている。

 そのコレクティブなセンスとポジション感覚、ポリバレントな能力、流動的に動いてスペースを作り出す巧さ、スピードと爆発力(ルーカス・モウラを差し置いてチーム一の俊足であり、1試合に平均20回のスプリントをおこなっている)、戦術的ディシプリンと精神力の強さ、左右両足を完璧に使いこなせるソンは、トッテナムの強力な武器であるカウンターアタックになくてはならない存在である。

 もちろんシュートの力強さは言うまでもない。ソンこそは、すべてをひとりで成し遂げられるダイナモなのである。

性格が素晴らしく、仲間から愛されている。

 彼は性格も素晴らしく、ロッカールームでもチームメイトに好かれている。彼らがソンに好意を抱くのは、ときどき焼き肉を振る舞うからばかりではない。ハリー・ケインはこう語っている。

「彼は常に輝いている。ピッチの上では、然るべきときに然るべき場所に常に現れる」

 今季、ケインはソンとともに13試合に先発出場し13ゴールをあげた。ソンを欠いた9試合での得点は3に過ぎない。

 ケインにとっても彼は必要不可欠な存在であるのである。

 今シーズンのスパーズは、1試合当たり2.8得点をあげている。だがソンが不在の試合では、それが1.6点まで低下する。彼がチームの24得点(18ゴール、6アシスト)に絡んでいるからだ。そして彼が得点した13試合では、すべての試合で勝利を収めている。ソンは太陽の光ではない。光り輝く太陽そのものであるといえる。

【次ページ】 アジア大会優勝で兵役免除も獲得。

BACK 1 2 3 4 NEXT
ソン・フンミン
トッテナム・ホットスパー
パク・チソン
ハリー・ケイン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ