オリンピックへの道BACK NUMBER

坂本花織が完璧な演技でSP2位!
「前の自分に勝てました。満足」

posted2019/03/21 11:45

 
坂本花織が完璧な演技でSP2位!「前の自分に勝てました。満足」<Number Web> photograph by AFLO

完璧な演技で自己ベストを大きく更新した坂本花織。四大陸選手権の失敗が彼女を成長させた。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

 曲が終わるやいなや、微笑み、両手を軽く突き上げた。その瞬間観客席に座る人々が立ち上がり、拍手をおくって称えた。

 3月20日、世界フィギュアスケート選手権女子ショートプログラム。坂本花織は完璧な演技を披露し、日本勢最上位の2位につけた。

 冒頭、「鍵を握る」と課題に掲げていたトリプルフリップ-トリプルトウループのコンビネーションジャンプを成功させ、波に乗る。残る2つのジャンプも決め、ステップ、スピンも最高評価のレベル4を獲得。すべての要素が加点される非の打ちどころのない演技で、自己ベストを大きく更新する76.86点を得た。

「前の自分に勝てました。すごく満足しています」

 雪辱を期した大会だった。昨年末の全日本選手権で優勝を遂げて臨んだ、2月の四大陸選手権。ショートでは2位になったが、フリーでミスが出て4位、連覇を逃した。勝ちたいという欲がマイナスに働いた。

 帰国すると、猛練習に励んだ。

「(昨年出場した、平昌)オリンピック前より練習しました」

 それまでも坂本は、1日に3度リンクで練習してきた。そのうち朝の練習を1時間から2時間半に伸ばした。

「自分の持ち味の幅と高さのあるジャンプができていたので、しっかり、落ち着いてできました」

 練習が成果につながったと語る。

実はSPで苦しんできた紀平。

 パーフェクトだった坂本に対し、紀平梨花と宮原知子は、ジャンプでつまずくことになった。

 今シーズン出場した国際大会すべてで優勝している紀平だが、冒頭のトリプルアクセルが成功したのは一度きりと、実はショートでは苦しんできた。今回もシングルアクセルになり、規定により0点。その後は着実にまとめたが、よいときに比べればどこか精彩を欠いた。結果、70.90点で7位にとどまった。

【次ページ】 練習が試合での演技を保証するわけではない。

1 2 3 NEXT
坂本花織
紀平梨花
宮原知子
アリーナ・ザギトワ

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ