オリンピックへの道BACK NUMBER

宇野昌磨が進む新たなステージ。
「結果を求めたい」と話す理由。

posted2019/03/21 08:00

 
宇野昌磨が進む新たなステージ。「結果を求めたい」と話す理由。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

4度目の世界選手権出場となる宇野昌磨。心境に変化が生まれつつある中で、どんな演技を見せてくれるだろうか。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 2016年の初出場以来、4年連続4度目の舞台となる世界選手権。

 今回、宇野昌磨は、今までと異なる心持ちで挑もうとしている。

 3月19日、記者会見に臨んだ宇野は、羽生結弦への質問が続いたのを受けて「はい。気を遣って質問してくれてありがとうございます」と笑顔を見せたあと、言った。

「この試合、僕は初めて結果を求めて挑みたいなと思っています」

 これまでにない、新たな姿勢だった。

 従来の宇野は、練習を積んだ成果を試合でしっかり出すことを目標としていた。だから成績がよくても喜ばないときもあったし、成績がよくなくても「課題としていたことができたからよかった」と語ることもあった。それは平昌五輪でも変わりなかった。メダルという意識よりも“自分の演技を”という意気込みがあった。

「オリンピックが特別な舞台だとは思いませんでした」

 大会終了後の言葉も、そんな姿勢から発したものかもしれない。

五輪後に感じ始めた「責任感」。

 今シーズン開幕前にはこう語っていた。

「オリンピックで銀メダルを獲ったことで、皆さんから前より注目されるようになったと思います。だからと言って、今までのシーズンと変わることはないと思います」

 一方で、変化の萌芽も開幕前からうかがわせた。

 春から夏の時期、宇野は数々のアイスショーに出演した。時にはショーを代表する立ち位置になることもあった。

 それもあってか、自分の演技がショーの成功にもかかわると、重圧を感じることもあった。ショーについて触れたとき、こんな言葉を口にしていた。

「アイスショーをやっていて、これまでより責任感を感じるようになりました」

【次ページ】 期待に応えるための努力を。

1 2 3 NEXT
宇野昌磨

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ