“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

「岐阜ならサッカー上手くなるぞ」
山岸祐也が信じた大木監督の言葉。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/03/13 07:00

「岐阜ならサッカー上手くなるぞ」山岸祐也が信じた大木監督の言葉。<Number Web> photograph by Takahito Ando

岡山戦では前線からの激しいプレスでゴールを呼び寄せた山岸祐也。今季の目標は10ゴールと自信を見せる。

奪われたら「I」の字で動け!

「去年は10連敗したし、上手くいかない時期もあったけど、大木さんについていきたいという思いは一切ブレなかった。プレー面もそうです。守から攻への切り替えのスピードは岐阜に来た当初から大木さんにずっと言われていた。いつも『祐也、奪われてからの切り替えはL字、U字ではなくて“I”の字で動け』と。

 奪われたらすぐに一歩目を踏み出してボールに寄せていく。それを1年間、練習でずっと意識しました。大木さんの練習はどんなメニューでも必ず切り替えの要素が入っているので、磨くことができました」

 この取り組む姿勢が、今季まさに彼の能力をさらに引き出そうとしている。

開幕戦で見せた激しいプレス。

 今季から岐阜はこれまでの「4-3-3」から、中盤がダイヤモンド型で両サイドハーフを中央に絞った変則的な「4-4-2」を採用。山岸は3トップの真ん中から2トップの一角にポジションを変えた。

 モンテディオ山形との開幕戦で山岸は激しい前線からのプレスを披露した。得意のポストプレーと、裏への抜け出しを見せる一方で、昨年培った切り替えの早さをピッチ上で見せた。72分にはMF風間宏矢に相手DFの逆を突いた絶妙なスルーパスを通し、試合を決定づける2点目をアシストした。

 そして、3試合連続スタメンフル出場を果たした第3節のファジアーノ岡山戦では、試合の主役となった。

 30分、山岸は自陣からのロングボールに対し、岡山DFチェ・ジョンウォンと競り合う。猛然とプレスを仕掛けると、体勢を崩したチェはGKへバックパス。山岸はすかさず反応し、飛び出した相手GKよりも先にボールに追いつき、ふわりと山なりのクロス。これをデ・フリースがヘッドで合わせ、先制点を奪った。

 1-1で迎えた66分には、右サイドでこぼれ球に反応する。岡山MF上田康太に猛プレスを仕掛け、横パスを鋭い出足でインターセプト。一気にサイドを打ち破った。1点目と同じく中の状況を確認すると、ニアサイドに飛び込んだデ・フリースへ。今度はライナー気味のボールを供給すると、相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。

 2点すべての起点となる活躍で、2-1の勝利に貢献。開幕からホーム2連勝の立役者となった。

【次ページ】 「知識→意識→無意識」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
山岸祐也
大木武
FC岐阜

Jリーグの前後の記事

ページトップ