“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

「岐阜ならサッカー上手くなるぞ」
山岸祐也が信じた大木監督の言葉。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/03/13 07:00

「岐阜ならサッカー上手くなるぞ」山岸祐也が信じた大木監督の言葉。<Number Web> photograph by Takahito Ando

岡山戦では前線からの激しいプレスでゴールを呼び寄せた山岸祐也。今季の目標は10ゴールと自信を見せる。

「大木さんの想像を超えたい」

「俺は常に大木さんの想像を超えたいんです。今年に入ってめちゃくちゃ意識しているのは、相手ボランチにボールが入った時のプレスバックですね。大木さんはどちらかと言うと『FWは前に行け』というタイプで、プレスバックの部分はあまり求めないんです。後ろを気にしすぎて前に行けなくなることを大木さんは嫌がるので。

 でも、僕は前の意識を持ちながらプレスバックするようにした。するとキャンプの時に大木さんが『FWの選手がそれをやってくれたら助かるね』と言ってくれた。その言葉が凄く嬉しくて……。

 現時点で大木さんの想像を超える方法がこのプレスバックなんです。得点することはFWとして当たり前だけど、守備面にも観点を置いている。日々成長したくて、そこは自分に課したいものだと思っています。もっとやれることを増やしていきたいと思っています」

 岡山戦の決勝ゴールはまさにボランチへのプレスバックからだった。大木監督という大きな存在を背に、成長しようとする意欲に満ち溢れている男は、今、自らの殻をさらに破ろうとしている。

目標はシーズン10ゴール。

「チームとしては大木さんが6試合で10ポイントと設定しているので、まずはそこを目指して達成したい。その中で自分がどう生きていくか。今年、俺の中で目標が2個あって、まずは怪我をしないことと、シーズン10ゴール。プロ4年目なのですが、まだ2桁得点を決めたことがなくて、最高が5ゴール。点を取れればチームを救える。これは達成しないといけないと思っています。

 もっともっと成長したい、しなければいけないという気持ちを持ち続ける。それが俺なりの『狭間で生きろ』の表現方法だと思います」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
山岸祐也
大木武
FC岐阜

Jリーグの前後の記事

ページトップ