オリンピックへの道BACK NUMBER

高橋大輔が光源氏に。2019年夏、
あの『氷艶』が帰ってくる!
 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/02/26 17:30

高橋大輔が光源氏に。2019年夏、あの『氷艶』が帰ってくる!<Number Web> photograph by Asami Enomoto

左から元宝塚男役トップの柚希礼音、荒川静香、演出の宮本亜門、光源氏を演じる高橋大輔、俳優の福士誠治。

ランビエル、リプニツカヤらも。

 フィギュアスケート界からは、前作に続き鈴木明子、織田信成、村上佳菜子。さらにトリノ五輪銀メダリストのステファン・ランビエルが朱雀君(後の朱雀帝)役、ソチ五輪団体金メダルのユリア・リプニツカヤが紫の上役に。さらにベテラン俳優の西岡徳馬や、歌手の平原綾香といった豪華出演陣が予定されている。

 その中心たる高橋は、このように意気込みを語る。

「自分自身、体をいちから作り直して、高いパフォーマンスができる体に持ってこられているので、自分の今の身体でどれだけ表現できるか、すごく楽しみです」

 公演は7月26日から28日、横浜アリーナで行なわれる。氷上に、どのような源氏物語が描かれることになるのか。宮本と高橋は、未知の世界への期待に溢れていた。

「この共演に集まってきた人はチャレンジャー。そういう人たちが集まってきているので、僕も(完成形は)ぜんぜん想像できないです。でもすごいことになるんだろうな、と。皆さんが観たことがない世界だと思います」(宮本)

「1回目が終わったときから、またやりたいと思っていました。ほんとうに新しい世界だと自分自身感じましたし、映像で見返してもフィギュアスケートの可能性をこんなに広げられるんだと体感したショーでした。宮本亜門さんの演出でまた違った世界をどう見せられるんだろう。そう思っています」(高橋)

<公演情報>
「氷艶 hyoen2019 ―月光かりの如く―」

開催日時:2019年7月26日(金)~28日(日)
※各日2公演

会場:横浜アリーナ

出演:高橋大輔、ステファン・ランビエル、荒川静香、柚希礼音、平原綾香、福士誠治、波岡一喜、ユリア・リプニツカヤ、鈴木明子、織田信成、村上佳菜子/西岡徳馬ほか

演出:宮本亜門

テーマ曲:松本孝弘

劇中曲:川井憲次

振付監修:尾上菊之丞

振付:宮本賢二

チケット販売など詳細は下記HPにて。
http://hyoen.jp/

関連記事

BACK 1 2 3
高橋大輔
荒川静香

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ