Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

ゴールキーパーの孤独。~“小さな巨人”菅野孝憲が辿った試練と転機~ 

text by

一志治夫

一志治夫Haruo Isshi

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2012/06/26 06:00

ゴールキーパーの孤独。~“小さな巨人”菅野孝憲が辿った試練と転機~<Number Web> photograph by Asami Enomoto
 瞬発力、判断力、経験値――どれをとっても一級品である男がひとつだけ足りないのは、そのポジションにとって決定的と言える要素であった。
 J1のGKで唯一、180cmに満たない身長ながら、昨季、柏レイソルの優勝を背後から支えた守護神は、いかに己を磨き上げてきたのか。その半生から驚異の哲学が浮かび上がる。

 試合を終えた夜、近所の焼き鳥屋でいつものメニューを頼む。ナンコツ、ささみ、ハツ、レバーにニンニクは2本。すべて塩で食べるが、塩分は控えめにしてもらう。そして、自ら持ち込んだキムチに納豆と卵の丼飯。飲み物はやはり持参した瓶の牛乳だ。カウンターテーブルの一番隅に座り、ひとり激戦を振り返る。

 焼き鳥屋に来る前には、20分間にわたってトレッドミルで走り、筋トレをこなし、交代浴の最中にもゲームシーンを想起しているから、タイムアップ後すでに3時間余りも思考の旅を続けていることになる。

 菅野孝憲(すげのたかのり)は、プロのゴールキーパーになってからというもの、もう何年もそうやって過ごしてきた。勝敗がどうあろうとも、携帯には出ず、メールも返さず、ただただプレーのことだけをひとり想うのだ。

「見に来てくれた人や家族、選手と一緒に飯を食えばサッカーの話にもなるし、感情的に人と話すのも嫌だし、その試合をひとりでゆっくり振り返りたい。そこで身心をクールダウンさせ、それをひとつのスイッチとして、全部切り替えるんです。次の日に持ち込まないように」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 9782文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

EURO2012~日本代表が語る究極観戦術~
菅野孝憲
柏レイソル

Jリーグの前後の記事

ページトップ