JリーグPRESSBACK NUMBER

「風間監督に気づかせてもらった」
名古屋・ジョーの柔と剛のゴール論。

posted2019/02/22 11:45

 
「風間監督に気づかせてもらった」名古屋・ジョーの柔と剛のゴール論。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

Jリーグで独自のスタイルを作り上げる名古屋。セレソン歴のあるジョーも風間理論で飛躍した。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 グッドシェイプのジョーが立っていた。

 開幕前のキックオフカンファレンス。立ち居姿そのものが、意欲として伝わってくる。

「日本のサッカーは速いので、フィジカルの部分はしっかりと整えておかなければなりません。テクニックについては試合をこなしていけば成長できますが、フィジカルがつくれていないとシーズンが苦しくなってしまいますから」

 心も体も準備完了とばかりに、大きな目を光らせた。

 元セレソンで、2017年のブラジルリーグMVP&得点王で。

 192cmから繰り出す「高さ」と「強さ」は元からある剛のイメージだった。

 昨年のJリーグ得点王。

 名古屋グランパス移籍1年目、気づけばゴール前でフリーになる(相手を外す)「うまさ」には、思わず“へぇー”ボタンを押したくなる柔のイメージが加わっていた。北斗の拳にたとえれば、ゴール前にラオウのジョーもいれば、トキのジョーもいた。

風間監督のもとでの新境地。

 1年前の開幕前、風間八宏監督が感心しながら語っていたことを思い出す。

「真面目だし、吸収能力が高い。教えたことをすぐやろうとするし、すぐ自分のものにできる。コンディションはまだまだだけど、このままやっていけば、かなりうまくなるんじゃないか」

 うまくなるかどうか、その資質をまず見ようとする風間目線。川崎フロンターレで個々のポテンシャルを伸ばしてきた指揮官の指導によって、ジョーは新境地を開くことになった。

 昨年、風間監督から何を学んだのか?

 そう尋ねると、彼は前のめりになって話を始めた。

【次ページ】 相手DFとは逆の動きをしろ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

名古屋グランパス
ジョー
風間八宏

Jリーグの前後のコラム

ページトップ